総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おこぜ
d0059205_3522164.jpg


ようやく春から夏が旬であるおこぜを食べてきました。夏のふぐと言われるその味わいはどれほどのものか大いに期待しつつ訪問。

まずは薄作りから。言われているとおり身に甘みがあり、淡白なふぐより味がしっかりと感じられるので美味しいと思えました。
肝は生臭さが少しあり、濃厚さがいまいちですが、こんなものでしょうか。魚の肝というとどうしてもあんこうの肝のあの濃厚な、海のフォワグラと例えられる味わいを期待しています。
あんこうの本場の1つである茨城で食べたあん肝が今までの中で1番美味しかったです。生臭さは皆無だし、共和えのせいもあるのでしょうけど、海のフォワグラと言われる意味がわかった濃厚な味わいには茨城まで食べに来てよかったと思えるものでした。


あらの部分と頭の部分と骨の部分はから揚げで。このから揚げのほうがもっと美味しかったですね。特に頭の部分の身がとろりとした感じになっていて味わいが濃くてここが1番美味しかった。美味しいけど刺身とから揚げで8000円はけっこうな値段がしますね。


それからあこう鯛の焼き物を。

そしてさんまの有馬煮を。あとはお腹が空いていたのでお茶漬けと稲庭で〆。それで料理の値段は13000円ぐらい。うーん、居酒屋さんにしては高いなぁという感じです。おこぜは今回が初めてなので比較しようがないのが残念。
来年は今年、鯛尽くしと鱧尽くしで行ったことがあり、今度はクエ尽くしで行く予定の和歌山の料亭で食べたいですね。とりあえず鮎、鱧、オコゼと夏の旬の魚を食べれたので今年はこれで満足です。
さてと9月からは秋が旬の魚を食べるのが楽しみですね。戻り鰹、秋刀魚、秋鮭、紅葉鯛、カマス、それと伊勢海老も旬でしょう。あとは松茸など茸類も楽しみですし。季節ごとに旬のものがありますから、それを意識した食べ歩き、我が家での食卓を楽しもうかと。お酒は冷やおろしが楽しみ。秋の味覚にあわせてどんどん飲みたいかなと。ワインは11月から12月のアルザスからぺリゴール地方の旅で飲めたらいいかなと。ようやくフランス料理を食べる時が近づいてきました。日本で食べるお金があったらフランスで食べようと我慢してきましたので。
ところで今回は光量が足りなくないのに写真がいまいちな出来の写真が多いため、そこそこ撮れている1枚だけのアップとしました。カメラは一流なのですがまだまだ腕は二流です。
[PR]
by esthetisme | 2007-09-01 03:51 | 日記