総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
東北5県7都市の食べ歩きと東北の夏祭り旅行
d0059205_1041265.jpg


※この絵画イメージなんですが、スキャナで取り込んだ後のリサイズがまずかったので、後でまたアップしなします。

東北5県7都市の食べ歩きと東北の夏祭り旅行

さぁそろそろまもなくでかける時がきました。
この前東北4県6都市の食べ歩きと書きましたが、盛岡にも寄ることができるので寄って、岩手の郷土料理を食べることにしました。
今回の食べ歩きをする都市と食べるものと言うと

青森   ・いちご煮などの青森の郷土料理(夜)

秋田  ・秋田、特に角館の郷土料理(昼)
     ・秋田の美酒揃いの居酒屋(夜)

岩手  ・どんこなどの岩手の郷土料理(夜)

宮城  ・雲丹、ホヤなどの石巻辺りの海の幸(昼)
     ・鳩などフレンチ(夜)
     ・料亭で名物料理(昼)

福島  ・今年の2月に行き、再訪する割烹で
     おこぜやあわびしゃぶしゃぶなど(夜)

という予定です。時間の余裕があれば岩手で冷麺もしくはじゃじゃ麺、石巻で寿司、仙台で仙台発祥と言われている冷やし中華も食べたいなぁと思っています。
上記に書いたお店の中で青森のお店だけはねぶた期間中で予約を受けていないということなので、もしかしたら食べたいものにありつけない可能性があります。
当初は4日間の予定だったのですが、シフトが決まったら6日近くの休みとなりそれなら山形も行って東北全県回ろうかななんて思いましたが、今年の5月に山形のあちこちに行っているのでまた今度行きたいですね。特にアル・ケッチャーノにはぜひとも行きたいです。
とにかく今回の旅で今年は東北全県に行ったことになりますね。フレンチがあるのは牛舌料理などに諭吉さんを使うのならフレンチが、食べたくてたまらない鳩を食べたかったのでフレンチにしました。
これでずっと和食の食べ歩きだけに気分転換にもなるかなと。
いつものようにモバイルPCを持っていきますので、ほぼリアルタイムでアップができると思います。東北で唯一のイーモバイルがサービス地域である仙台市は確実ですね。やっぱり感想が薄れないうちに、その時の思いをすぐに書いてアップしたいものです
この旅行が終わったら来月は子持ち鮎を食べにまた岐阜に行く予定となっています。

ところでトップの絵画は妖精の宴を描いたものです。食べ物の話だから食べ物がテーマの絵画をと思いまして。で人間の食べ物でなくて妖精の食べ物ですけどね。人間が食べれない毒キノコなどを描いているそうです。
この絵画は2003年に埼玉県立美術館で「フェアリーテール~妖精たちの物語~」という企画展で展示され、妖精絵画も好きな僕としては大喜びで見に行きました。
この絵画以外に画家の絵画は全部で15枚も展示されていましたが、そのほとんどが個人蔵だけになにか企画展でもないと見れないんですよね。こうして間近で見れるのはこれが最初の最後の機会に違いないと思い、ずっと見ていたらほんと帰りたくなりましたけど。
その他に図録等で見たことのある妖精画家の絵画が多くて、今までたくさん展覧会に行ったし、過去に開催されて行ったことのない展覧会を図録でその内容をたくさん見てきましたが、間違いなく個人的にベスト5に入るぐらい素晴らしすぎる内容でした。それだけに内容をアップしようとしていたのですが、旅行の準備で忙しいので帰ってきてからにします。
[PR]
by esthetisme | 2007-08-03 09:57 | 日記