総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
どれがどのマクロレンズの写真でしょう?
今日はカメラ清掃でキャノンのサービスセンターに出かけたついでにいろいろなレンズで遊んできました。
下手っぴですが、タムロン90mmマクロ、EF100mmマクロ、 MP-E65mm マクロの3つのレンズで撮り比べしました。


d0059205_20411790.jpg



d0059205_20414729.jpg



d0059205_20421448.jpg



同じISOで撮ったと思いきや1枚だけISO1600で、残り2枚はISO3200です。高感度でのノイズの状況を確認するため、またMP-E65mm マクロは、ISO感度を上げないとぶれやすくて撮りづらいため高感度にしました。さすがにここまで感度を上げるとソフトでノイズを消しても目立ちますね。それでも質感があるのが凄いと思いますけど。
で見た目は水色の造花のバラですが、いろいろといじり青色にしました。そうそう青色のバラ
って開発に成功したというのをどこかの雑誌で見たことがありますね。でもまだ空のような青ではなかったのが残念でしたが、今後青らしい青になるのか期待しますけど。
あとMP-E65mm マクロでは最大5倍まで撮れるのですが、とにかくぶれるので撮るのが大変です。三脚に固定したとしてもカメラも移動しないとピントがあわないこともありました。ほんと癖のあるレンズですけど、倍率を上げていくと顕微鏡を見た画像を撮っているような気分になります。これで蟻とか小さい虫や花の奥を撮るとほんと楽しそうですね。使いこなせれば個性のある写真が撮れますけど、今回で使うのは2回目でまだまだ無理です。
まだ他に写真がありますがまた後で。



上からMP-E65mm マクロ、EF100mmマクロ、タムロン90mmマクロです。
MP-E65mmは、ボケがあんまり綺麗とは言えませんね。六角形のような角ばった形ですね。
EF100mmマクロとタムロン90mmマクロを比べて見ても素人にははっきりとした差がわかりません。
若干タムロン90mmマクロのほうが右側の花びらの質感や精細差が優れているような感じはしますが。
タムロン90mmマクロは値段を考えるとやっぱり写りがいいですよね。
[PR]
by esthetisme | 2007-07-13 20:40 | 日記