総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5/20 雑記
d0059205_19461943.jpg


昨日出かけていたのは、東京の外れにある懐石料理のお店「井中居」です。ちょうどおふくろが上京してきたので約一週間遅れの母の日という感じで美味しいご飯を食べもらいたいと思い連れて行きました。
最寄の小作駅に着いたら、雨が強く振っていてついていないなぁと思いましたが空を見ると晴れているところがあるし、モバイルPCで天気予報を見たら18時から晴れるということなのでこれは間違いなく晴れるなと思いつつ、タクシーで「井中居」へ。モバイルPCは5インチで両手操作が主なので携帯感覚で使っています。
着く前にバス停が見えてなんだ「井中居」のHPには書いていなかったけどバスで行けるじゃんと思いました。バスで行けるなら書いて欲しいものです。
お店にはお店の中を食べる前に見たかったし、明るいうちに写真が撮りたかったので事前に早く着く事、具体的な時間をお知らせしてありました。
着いてもまだ雨が降っていて晴れるまで蔵を改装したところで待とうとしたらお店の人のまずい対応に?と思うことがありましたが自分ひとりで来ているわけではないので我慢することに。でも料理を運ぶ仲居さんはとても丁寧で、料理を下げる度に礼をしてから部屋を去っていきましたし、メニュー表記に間違いがあるというこちらの指摘にきちんと誤るなど好感がもてました。
とりあえず蔵を改装したところでお茶を飲んでいたら晴れてきたので撮影開始。でもおふくろもいるので思うようには撮れませんでしたけどね。
で撮っていると時間はあっという間に過ぎて食事の時間に。土曜日ということもあってか満席という状態、2階は団体様で貸しきりのようだったですがそれほどうるさくなく僕らが食べている間にいなくなりましたが、隣の人たちがうるさかったですねぇ。個室だけど隣り合わせの部屋なので会話が筒抜け。お酒が入ってくると更に声が高くなり、それが自分達の終わりごろだったので仕方なくまた我慢を。騒ぎたいのならチェーン店とかの安居酒屋に行ったらどうでしょう。
挙句の果てには仲居さんの名前をちゃんづけで呼んでいて、もうね、貴方、ここに何をしにきているの?行くお店を間違えていない?という感じでした。
この明治時代に建てられた建物の古色ゆかしい雰囲気の中で食事を楽しんでいる僕らだけでなくほかのお客さんの迷惑を顧みることができないなんてほんと残念でしたね。
肝心の料理自体は東京のお店なら値段以上の満足度はあります。おふくろもとても満足して連れてきてよかったなと思いました。特によかったのは料理を盛る皿の気配りです。有名な先生の皿に拘り、盛られた料理が見事に映えていましたし、何よりも熱いものは熱いうち、冷たいものは冷たいうちに食べれるようにとと例えば天ぷらを盛る器は熱々に温めてあり、刺身を盛る円筒形の竹の器の中は氷でぎっしりと満たされていていて調理場から温度差がまったくといっていいほどない状態で食べることができます、。しかもデザートは苺のグラスデザートでしたが、それもただお皿に置いて持ってくるのではなくて、氷を一面に敷き詰めた皿に入れて持ってきて、これも刺身の時同様に涼をテーブルに運ぶ効果がありますね。最後の最後まで配慮がなされた料理の提供の仕方のおかげでどの料理も美味しく頂く事ができました。あと季節柄なのか竹を使った器が多かったです。
先付けの和海苔の一緒にあった雲丹の風味と拮抗するような濃厚な磯の香りにはくらりと、
美山荘で食べた鮎の刺身を凌駕しているとお袋が喜んでいた奥多摩の岩魚の刺身はほんと味わいが清らかで弾力が素晴らしく、目の前で極厚で大きい椎茸やこれまた立派な大きさのそら豆や川魚(名前失念)を焼いてくれてそのまま熱々のまま食べる贅沢さ、
新玉葱は鱶鰭餡で食べましたが滋味溢れるスープが美味しく、玉葱の甘さがよく感じられました。
野趣味溢れるすっぽん鍋は、焼かれたネギも一緒で鴨ねぎのようにすっぽんの旨みを吸っていてこれまた美味。
〆はすっぽんの出汁がでた雑炊でした。
そのほか料理がありますがとりあえず今思い出せるもの列挙しました。ちなみに今回食べたコースは「井中居」です。
と「井中居」で食べた料理はどれも美味しかったのですが、なにか例えば炊き合わせやお椀などで代表される日本料理の要である出汁の美味しさをじっくりと味わえる料理があるともっといいのにと思いました。出汁の美味しさを味わうのは、精進料理や郷土料理ではまずない料亭や割烹ならではの醍醐味だと思います。
あと日本酒は東京の地酒の澤の井が数種類だけでした。お店の名前が冠されているボトルもありましたが裏を見たら澤の井のお酒でした。
今度は食材が豊富な秋にでもまた出かけてみたいのですが、静かにご飯を食べてくれるお客さんと一緒になりたいものです。


ところで写真を今現像中ですので、写真はしばしお待ちを。文字だけだとブログが殺風景ですので、一気に優雅になる雰囲気の絵画を。今日はロココ美術の所蔵が特に目玉のアンジェ美術館の図録を見ていました。
ロココの美術を代表するフラゴナールという画家の絵画です。

最後に昨日はアクセスは恐ろしい数でした。今日は昨日の4分の1位と減り、これからどんどんと減り前のように穏やかになるでしょう。
明日からは山形、福島に行ってきます。山形、福島もまだイーモバイルのサービス地域ではないので、ダイヤルアップのモバイル接続でなんとかその日の出来事をその日のうちに更新をしようと思っています。
それにしてもイーモバイルでのブロードバンド接続が全国でできるのはいつなんでしょう?
[PR]
by esthetisme | 2007-05-20 19:43 | 日記