総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
栃木県 満願寺
d0059205_7185537.jpg


EOS 5D+EF 35mm F1.4L

ここは朝のお勤めが行われた本堂。まったくもってお坊さんが唱えている念仏の意味がわかりませんでしたが、それでも緊張感を感じる空気にしばし厳粛な気持ちに。
終わるなんとも例えようのない清々しい気持ちになりましたが念仏の力でしょうか。
ところで明るいレンズは撮りやすいですね。こんな暗くても手持ちでもそんな手ブレをしていません。ほんと明るいレンズは使っていて気持ちがいい。
中を撮ってもいいということなのでたくさん撮りまくりました。

d0059205_720187.jpg


EOS 5D+EF 35mm F1.4L

奥の院ですがこうして見上げて撮ってみると迫力のある感じがしますね。
ただこの日、雨が降っていて露出を明るめにしたので白く飛んでしまいました。そうなるといくら補正ソフトでも修正ができません。
露出を3段階で撮れるモードがあるのはわかっていたのですが、帰りのバスの時間が迫っていたので焦っていたので。

d0059205_721387.jpg


EOS 5D+EF 24 ー105mm F4L
鍾乳石でできた観音様の前には鉄格子があり、35mmでは近くまで寄れなかったし、それと暗くて手ぶれがしやすい状況だったので手ぶれ防止つきのズームレンズで撮りました。
でも腕が悪くてぶれていますけどね。フラッシュを焚いたように見えるかもしれませんが、これはライトで照られされているためです。
そもそも5Dには内蔵のフラッシュがありません。フラッシュは必要と思う場面がないのでなくてもいいですね。フラッシュで撮るとどうしても自然っぽく見えないですし。暗くてSSが遅くなりぶれるようなだったら、ISO感度を1600まで上げて、明るいレンズの開放に近い絞り値で撮ります。それで撮れなければ諦めますね。

さて前置きが長くなりました。
奥の院にある鍾乳洞がこちら。子宝?だったと思いますが、鍾乳石で出来上がったものをその観音様としてあります。観音様の両隣にあるものも何かに例えていましたがなんだか失念しました。
それにしても自然にこんな風にできたなんてほんと自然の造形美だと思い感心しました。

最後におまけ




d0059205_7214998.jpg


EOS 5D+EF 35mm F1.4L

たまたま奥の院にあるこちらの木像を撮っていたら、あれ?ガラスに自分が映っているなぁと思い、じゃそのまま撮ってしまおうと思い撮りました。
まこれぐらいならよくわからないので問題ないから載せました。僕がどんな感じかこれだとわかりませんよね?
[PR]
by esthetisme | 2007-05-14 07:26 | 日記