総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5/4 雑記
d0059205_19372388.jpg



HPに日本の白地図を用いて、各県名にリンク先を指定して、画像があるところはオンマウスの時に画像が表示されるようにしたページを作りました。こうするとビジュアル的にわかりやすいかと思います。
画面サイズが1280×1024以上でないと画像が見れない場合があるかもしれません。僕は画面サイズを1280×1024にしているので画像は見れるのですが。

http://zyozyoubi.sakura.ne.jp/japoncuisineregional.html
上記アドレスより今回作ったページを見ることができます。

まだ6県しか書いていないのでとにかく全部の県を書きたいです。そしてどんどんと食べ歩きに出かけていきますが、今年の食べ歩きは本州がメイン。
来年からはまだ行ったことのない沖縄とか九州、四国といった交通費がかかる場所を集中的に訪れようと思っていますが、その中で1番行きたいのは沖縄ですね。沖縄は北海道と同じく日本の郷土料理の中でも圧倒的な数があり、その数はちょうど100ぐらいでそのうち現在も食べられているようだと確認できるのは半分を軽く超えるので、さすがにその数は1度では無理ですので何度か行って全部食べたいものです。
あと沖縄の酒というと泡盛ですね。生まれ年の泡盛が欲しいのですがネット上で出回っているのは買うのが厳しいです。
もう少し手ごろなあると生まれ年のお酒を集めている僕としてはありがたいんですけどね。古酒専門など頼りになりそうなお店は何店かピックアップしているので是非行ってみたい。そうそう生まれ年のお酒というと今年に買った生まれ年のラム酒が、ようやく舌に馴染んできて美味しいと思えるようになったのが嬉しかったですね。
1番最初に飲んだ時は、普段飲んでいるコニャックやアルマニャックと比べたてほんとドライすぎるし、香りの広がり、豊かさに欠けて高かったのに失敗した~とがくっときましたので。ラム酒はまず飲むことがないし、ババやサバランぐらいでしか味わったことがないんですけどドライな味わいの飲み物というのを再認識しました。
同じくドライな味わいと言うと生まれ年のマールもそんな感じですが、でもそれは舌で転がしていると甘くなってきます(生まれ年のラム酒も同じようにしてみるのですがちっとも甘くなりません)、余韻も生まれ年のラム酒より長いし、生まれ年のラム酒の半分ぐらいの値段なのでこっちのほうがコスパがいいかなぁと思います。
でこのマールよりも好きなのがコニャックやアルマニャック。飲むたびに幸せ~、このお酒を美味しいと思えるなんて生まれてきてよかった~と思いながら寝る前の一時を楽しんでいます。
ワインは熟成させても確実に美味しくなると限らないけど、コニャックやアルマニャックは熟成させればさせるほど確実に美味しくなるのでワインと違ってまず外れに当たったことがないですね。
今年の11月にはランドドック地方に行くのでアルマニャックの生産者を訪ねようかと思っています。

まだこれで決定ではありませんが11月のフランス旅行の日程は今のところ下記のような感じです。

1日目 パリ到着

到着早々にこれで3度となるシェ ミッシェルでジビエ。


2日目 パリからペリグーへ

モロー美術館に寄ってからペリグーへ

3日目  ぺリグー

フォワグラ市見物
フォワグラの生産農家で訪問可能なら訪問

4日目 ペリグーからバ アルマニャックへ

アルマニャックの生産者を訪問


5日目  バ アルマニャックからカオールへ

トリュフ尽くしを楽しめるレストランで昼も夜も
トリュフを堪能


5日目 カオールからリヨンへ

リヨン観光

6日目 リヨン

リヨン観光

7日目 リヨンからソローニュへ

狩猟の天国であり、フランスのジビエの産地であるソローニュでジビエを
堪能

8日目

帰国
[PR]
by esthetisme | 2007-05-04 19:39 | 日記