総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いろいろと更新したいんだけど・・・
下の記事の投稿後、もう1つのブログである「日本料理の総合的食べ歩き」で
静岡の食文化や風土、福島の食文化や風土、福島の郷土料理をアップしました。
文字が圧倒的に多いですが、どんどん書いた料理を食べてくるので長い目で見てくれると嬉しいです。
さてこちらのブログの更新も頑張ろうっと。

d0059205_14561687.jpg


ウォーター ハウス 「春の歌」

文章力が追いついてきてくれませんので、なかなか進まずといった感じです。
あとは時間がほんと足りないせいもありますけどね。とりあえず最近見た本を今日の夜ぐらいにアップする予定です。可愛らしい妖精さんに誰もが安らぐはずですよ。後期になるともっと可愛らしい感じになっている気がします。
前から予告しているフローラは次回の予定。

ここから話題ごとに雑記です。

ここのところ古本をたくさん買っていて、まだ読んでいない本が山積みとなってきました。
値段がつくものはそれなりにしますが、基本的に古本は安く買えますからどんどん買ってしまいます。
買った本を全部、読まなくても欲しい本があるのを見ると書おうかなと思い、他に在庫を調べてなければすぐ買う、他に在庫がないのをもちろん優先させていて、そういったことを頻繁に繰り返しているので自然と山積みになるんです。
1番買う本は、画集や図録ですね。せっかくまとめて集めているので、前にHPで紹介したようにまたいろいろな画派ごと、単一の図録などなどを再度アップしようと思っています。

来月の山形旅行は、日程が具体的に決まり、どういう順番でお店を回ると1番、効率がいいのかというのを悩んでいたのですっきりしました。
行きたいお店の多くが山の中とか温泉地とどれも駅からだいぶ離れていますが、どのお店もバスで行けるので、路線を走っているバス会社さんに感謝ですね。で今回も東京からの移動はまたバスがメインです。新幹線は高くて乗る気がしませんし、朝早く着かないと予定をこなせません。
移動費を安く上げて、食費に1番つぎ込みたいため、これからも新幹線に乗ることはないでしょうね。フランスの新幹線のように予約が早ければ早いほどお特になり、最大で半額近くまで安くなるシステムを導入してくれたら考えますけど。

もうすぐで誕生日。今年は精進料理のお店に行く予定です。去年まではフランス料理だったのですが、今年からずっと和食にしようと思い、今年は6月に行く予定の精進料理屋さんの流れをくむお店があるのでそのお店にしました。
日本の食文化のほうが調べていて楽しいし、フランスに行ってもなかなか自分の食べたいフランス料理がないしなどなどいろいろと理由があって、フランスは年に1回、行けたらいいかなという感じですね。

音楽でアップしたいのは、駅をテーマにしたトタールアルバムが傑作のバスクのプログレ・バンドのイトイス、90年代のシンフォニック・ロックを語るときに欠かせない名盤でポーランド屈指の内容を誇るクィダムの1st、良質なゴシック・メタルを次々と輩出するオランダのエピカなどなど
ですね。いずれも書いた文章に納得がいかず途中で止まっています。

映画だと私財など何かも捨ててキリストの信仰心に生きた聖フランスチェスコの映画やアナの純真でまっすぐ見つめる、汚れを知らない瞳が印象的な「ミツバチのささやき」、時代と運命に翻弄うされ、自分の生きたいように生きれず薄幸の人生を送った「テス」などこちらもアップしたいのがいろいろと。

文学だと旅行中に読んでいた、イギリスの三大挽歌の1つと例えられ、ヴィクトリア朝の挽歌の代表作であり、ヴィクトリア女王が心の拠りどころとした名詩 「イン メモリアム」がとにかくアップしたいですね。
この詩は、愛する友の声を風のささやきの中に聞き、暮れゆく夕日の中に友の姿を見るなど愛する友が自然に溶けいってしまった状況を歌っているところが特に好きです。

最後にこの前の旅行の食べ歩きと三光院の3月の精進料理、日本各地の郷土料理もアップしたいです。

とこんな状況です。ひとつでも早くアップしたいです。
[PR]
by esthetisme | 2007-04-11 14:53 | 日記