総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
和歌山の料亭で鯛尽くし
d0059205_8105530.jpg


昨日の夜は、和歌山の料亭で旬の味覚である桜鯛で鯛尽くしを堪能しました。
予約の時にお店の方が「料理はどうしますか?」と聞いてきたので、すぐ「桜鯛を使って各種料理をお願いします。できればお造りは小さいのでかまわないので姿造りで、鯛めしは切り身ではなくて、小さいのでかまわないので一匹丸まるでご飯と一緒に炊いてください」とお願いしたら姿造りは1人のため、用意できないとのことでしたが鯛めしは用意できるとのことなのでリクエストを叶えてもらいました。
桜鯛を使ってどんな料理がでてくるかと思ったら、なんとまずは鯛の各部位を使って八寸のように仕上げているこの料理には驚きました。
見た目どおりどれも手間暇がかかっていて、食べるのがほんと惜しくてずっと観賞していて、最後の最後になってようやく食べました。
中でも左の桜の花びらを模ったものの隣にあるものの細工は凄いですね。
外側の黒いものはひじきです。ひじきを1本、1本、鯛のすり身の外側に並べてあり、中央には人参とごぼうを四角に切ったものを置いて丸めてあります。
ほかにこのお皿にあるものは、鯛のひれのから揚げ、鯛の胃袋の酢味噌え、てっさの感覚で鯛の切り身にねぎを挟んだもの、鯛の肝の山椒焼き、鯛の子と珍味揃いです。
そのほか昨日食べた鯛料理は、鯛のうす造り、鯛の昆布じめ、山椒味噌、梅、塩焼きと三種類の味付けによる鯛の焼き物、鯛と雲丹と梅のかぶら蒸し、鯛しゃぶ、鯛めしでした。
さて和歌山市から紀伊田辺に着きました。移動時間に写真の整理、日記などを書いているとあっとういう間という感じです。
今日は、熊野古道から新宮へと行く予定です。紀伊田辺から熊野古道へはバスで時間がかかるのでまた旅行記でもアップする予定です。
ではでは。
[PR]
by esthetisme | 2007-04-06 08:13 | 日記