総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今回の旅行で一番美味しかったもの
また来年もジビエの季節にこのレストランを再訪したいですね。
今回1番美味しかったものとは言えばレオン ド リヨンの森鳩のロースト サルミソース
僕にとってジビエははフランス料理の1年のうちで1番楽しい時期です。
今年は青首鴨、森鳩、山うずら、野兎を食べました。
あとは雉、雷鳥、山鴫、猪、鹿を食べたいです。

d0059205_19264354.jpg


フランスで1番最初にジビエを食べたレストランは、橋本元総理を含め各国首脳がリヨンサミットの時に訪れた「レオン ド リヨン」です。
デジイチで暗いところの撮影ってぶれやすいからほんと大変です。ISOを最大に上げて、F1.8と1番明るいレンズに交換して、額にカメラを押し付けて撮りましたけどそれでもぶれてしまいました。で今回、1番撮影が厳しかったのが店内は真っ暗でテーブルの上には丸くて小さな蝋燭2個しか照明がなかった「レスペランス」。もうここは撮影をするような状況ではないなと諦めました。
さてお店のHPを見てもらうとわかりますけどメニューにいろいろとジビエが載っていたのでシェフはジビエが得意に違いない、期待できそうと思い予約をすることに。いくつかジビエがありましたが1番大好きな森鳩に即決しました。
今まで何度も森鳩を食べたことがありますけど、レオン ド リヨンの森鳩の味わいは野趣味が1番強くて初めて体験するものでしたね。あとほんの少し熟成させたらただ臭いだけで食べられないというぎりぎりのところという状態まで熟成させているように思えました。味わいをもっと具体的に書こうにも難しいです。とろとろに熟成したエポワスといったウォッシュチーズのような感じ?鉄分たっぷりの血なまぐさい感じ?うーん、表現に困りますがジビエの醍醐味である野趣味を存分に味わうことができました。
そんな状態の肉に添えてあるのは定番のサルミソース。森鳩の血や内臓等をあわせた味わいが強烈にして僕のように食べれる人は喜んで食べるものですね。内臓類のペーストをぬってある奥のカナッペみたいなものもこれまた美味しいです。ほんとこの森鳩は人生最高のジビエと言えるぐらい忘れられない料理でした。
ワインはシャンボールミュジニーにしたんですけど注いだグラスから溢れんばかりの果実の華やかな香りが素晴らしくて、それでいて森鳩の野趣味とソースにまったく負けない力強さに感激。最高のマリアージュでしたね。
[PR]
by esthetisme | 2006-11-26 14:26 | 06/11/15~20 ブルゴーニュ