総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
9月の更新履歴
d0059205_19465319.jpg


d0059205_1593213.jpg
d0059205_20458.jpg
d0059205_203042.jpg


昨日は、日本橋高島屋で開催されている飛騨高山展の初日でした。高島屋の正面玄関に入ると屋台がすぐ目に飛び込んできました。
去年の秋の飛騨高山祭りで屋台を見ただけにこのお迎えとからくり人形の演出はほんと嬉しくて、とにかく楽しかった飛騨高山での滞在の一こま、一こまを思い出させてくれて懐かしみました。
そして物産展などの会場へ。まず最初に行ったのは飛騨の地酒のコーナー。今回は高山にある蔵の半分ぐらいしかお酒がきていなく、蔵元の人が誰一人いないのがほんと残念。10種類以上は軽く試飲しましたが飲んだことがあるもの(山車や氷室、鬼ころしなど)をまた飲んでみると
それらのお酒を飲みながら飛騨の美味の数々に舌鼓をうったようなぁとこれまた懐かしい気分になりました。どれを買おうかなぁと迷い買ったのは、久寿玉の大吟醸と辛口 深山菊の大吟醸、鬼ころしの本醸造の4本。久寿玉の大吟醸は確か洲さきで飲んだはずと思ったためと、今回出店している洲さきでお酒がなかったのでどうして?ご飯の時にお酒は欠かせないものなので持ち込ませてもらいました。お酒を飲みながら食べるとじっくりと時間をかけて料理を楽しめるんです。職人さんが手間暇かけて作っている料理だからこそ一口、一口、時間をかけて食べたい。
さて洲さきの点心のメニューは写真のとおりですがわかりにくいでしょうか。女将さんの娘さん、若女将と呼んだほうがいいかな?その人がひとつひとつメニューを教えてくれました。それぞれの味はお店への来訪を楽しみにさせてくれるものだと思いますが、一度お店で12000円の料理を食べた僕としてはまた同じ値段の料理が食べて洲さきの味を存分に味わいたいですね。
それにしても写真が下手~。前より明るく、写りがいいレンズを使っていて、けっこう撮る練習をしましたがまだまだ未熟です。もっと上手くならないと写真のブログは無理ですね。せっかくデジイチを買ったので写真のブログもやりたいんです。

話題は変わって11月のブルゴーニュ旅行。すごくきつきつの予定にすればレスペランス、ラムロワーズ、コートドールに全部行けそうです。これで行けたら3つ星は、くこれでルドワイヤン、タイユヴァン、ポールボギューズに続いて今回でようやく5店回ることになります。
ラムロワーズの昇格はないのかなぁ。行った人によるとなぜ2つ星かわからないという人もいますよね。僕はどう思うのか楽しみです。
でも一気に食費の予算があがってしまから更に節約しないと。4日半で食費(もちろん僕1人)は20万は軽く越えそうですから。
食欲の秋ですが節約、貯金の日々がずっと続きそうです。
[PR]
by esthetisme | 2006-09-30 23:52 | 日記