総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3月24日の呑み 長期熟成酒とイタリアンの集い
どちらも大好きなお店の夢のようなコラボ。イタリアンのお店の3周年をお祝いしてこんな素敵な会が実現しました。シェフ、3周年おめでとうございます。


○長期熟成酒

d0059205_22104736.jpg


「龍力 山田穂」  純米大吟醸     2000年醸造

「龍力 秋津」   純米大吟醸      2000年醸造

「凱陣」       純米 山廃 生酒  2001年醸造

「松の司」      大吟醸 生酒     2000年醸造

「奥播磨 莉穂」  大吟醸 生酒     1996年醸造

「奥播磨 還暦」  大吟醸         2003年醸造

d0059205_21172797.jpg


どれも10年以上熟成させた日本酒とこれだけでもう十分すぎますが更に1本ということでこの日本酒も。酸がほんとしっかりで一番これが白ワインに近い味わいかなと。また火入れの酒と生酒のバランスがちょうどよくて同じ熟成でも味わいの違いをほんと楽しめた。
隣の日本酒はお土産です。大吟醸の8BY。お土産ももちろん長期熟成酒でほんと贅沢過ぎ。

○特選食材のイタリアン

先付け   イタリア、パルマの骨付き生ハム

前菜1    イタリア産オシェトラキャビアと有機ジャガイモ

前菜2    ロニョンのアロッスト テリーヌドブータンノワールとともに

パスタ   ボッタルガ(イタリア産カラスミ)のパスタ 

お魚料理  天然鯛のアクアパッツァ、浜名湖のフレッシュ青のりの薫り

お肉料理  フランス産仔牛のバラ肉の炭火焼
        ホワイトアスパラガス、カステルマーニョチーズのリゾットを添えて

〆の一皿  フランス産カモの自家製スモーク 「和」スタイルのパスタ

チーズ   イタリア、ピエモンテ州のチーズ 4種類

デザート  柑橘類のラビオリ ドルチェスタイル

        自家製パン

抜粋して 前菜2とお魚料理と〆の一皿の写真をアップします。

d0059205_22111540.jpg


d0059205_22112047.jpg


d0059205_22114262.jpg


どれも長期熟成酒との相性抜群な料理ばかりでほんと美味しかったですが特に感想等を書くとしたらまずはキャビアの塩気と長期熟成酒の高い酸が綺麗に溶け合うのは予想どおり。よくフレンチでウォッカと一緒に食べますが日本酒のほうが最高のマリアージュだと思います。

ロニョンとブーダンノワールの組み合わせはこのシェフならではの傑作。こんな組み合わせ、フレンチでも見たことないけどサルサはバルサミコベースとちゃんとイタリアンです。

お肉料理はようやく解禁となったフランス産仔牛の骨付きのバラ。焼く前の肉からは ほんのり甘いミルクのような風味が香りうーん、美味しそう。そんな風味と仔牛ならではの柔らかな肉質が絶品。
[PR]
by esthetisme | 2013-03-24 22:04 | グルメ