総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ジビエが食べれなくてもフランス料理には臓物料理がある 臓物料理、万歳!!
ジビエがシーズンでなくてもフランス料理にはまだもうひとつ魅力があります。それは臓物料理。食べれない料理はないのでなんでもこいです。今回は年末年始もあって思うようにお店を回れなかったので次回は毎日ジビエと臓物料理を楽しみたいなと思います。

d0059205_1655569.jpg


さてこの時は前菜もメインも臓物料理。まずは牛の骨髄。去年ミラノでオッソブッコの時にも食べましたね。オーブンで焼いて、カリカリのパン・ド・カンパーニュといったようにシンプルですがとろとろ濃厚で美味しくて大好きな味だなぁ。スプーンで食べれる部分をすくうのですがやはりほんの少し。また食べたくてもう1回食べましたね。

d0059205_1663737.jpg


そしてテット・ド・ヴォー。仔牛の頭の皮、脳、舌をロール状に巻いてゆっくり煮込んだ、フランスの伝統料理ですが、あわせて軽く1kgありそうな量。ゼラチン質たっぷりでぷるんぷるん食べていて楽しい。臭みなんて一切なしで本当に美味しい。テット・ド・ヴォーに限ったことではないけど各種臓物をご馳走にしてしまうフランス料理の文化はなんて素晴らしいんだろう。

d0059205_167832.jpg


ワインはまるで関係のない1962年のこちら。約50年経った味わいは如何にと興味津々で呑んでみました。

d0059205_16465730.jpg


そして食後は同じ60年代のアルマニャックで〆をじっくりじっくり味わいながら、この日が昨年のフレンチの最後の食べ歩きでしたので旅行前半の食べ歩きだけでなく1年間の食べ歩きをゆっくりと振り返っていました。

次の御飯の時もまた前菜もメインも臓物料理です。フランスの臓物料理、万歳です。

d0059205_1674371.jpg


前述のとおりまた食べましたよ。牛の骨髄。やはり食べる部分が少しなのでやはりお代わりしたくなるほど気にいった。

d0059205_1681939.jpg


そしてメインはアンドゥイエット。もちろんAAAAAとアンドゥイエット愛好家協会が認定した物。お店の人が「食べたことあるの?豚の胃腸を使っていてほんと臭くて食べれないと思うよ」と心配してくれましたけど余裕ですし大好きですよ。何度フランスで食べたことか。というかこれ食べたくてフリュイ・ド・メールはまた今度にしたんですよ。それでもロニョン、フォワ、ピエ・ド・コションなど食べたいのはまだあったけど食べれず。次回こそ食べるぞ。

ワインはグラスワインが白、赤あわせて約20種類ぐらいありましたのでいろいろと種類を飲みたくてグラスワインで。

さらに違うの日の御飯はリエーブル・ア・ラ・ロワイヤルを食べたお店に再訪。というか前日に続けて行きました。そうしたらモナミ、シャンパンを僕からサービスするよと言われて前日以上にすごくフレンドリーな対応してくれました。

d0059205_1632933.jpg


で前菜は去年というか今の時点では一昨年かその時はロニョンを食べましたので今年はその味わいから臓物の女王と呼ばれてるリー・ド・ヴォーのヴォロヴァンとクラシックな料理にすることに。でもこれ前菜と書きましたがメインの料理なんで僕が前菜代わりにしているだけですけどね。
ごろごろとたっぷりのリー・ド・ヴォー。これだけたくさん食べるのも初。その量とパイ生地にトリュフたっぷりのどっしりとしたソースのおかげでお腹が膨れる、ほんと膨れた。

d0059205_16414398.jpg


でメインはこれまたフランス料理の王道である牛ヒレ肉のロッシーニ風です。牛ヒレ肉の焼き加減を聞かれたのでブルーかセニャンで迷ったけどブルーで丁度レアになるでしょと思ったらやはりそうでした。あくまでも個人的な感覚に過ぎませんけどね。ソースは思うことがあるので後で料理の写真を送る時に聞いておいて追記しておきます。

d0059205_16432265.jpg


ワインはこちら。リー・ド・ヴォーは絶対白と思っているので白。魚だから白ではなく素材の色が白いは白という選び方もありますけどね。また牛ヒレ肉のロッシーニ風は約20年古酒のボルドー。ま間違いない組み合わせですし、これが今回最後のワインでしたが充分でした。そして食後はまたお店のオリジナルで約50年熟成のコニャックでこの日が旅行最後の晩御飯でしたのでこれで旅行も終わりかと名残惜しい気分で呑んでいました。
[PR]
by esthetisme | 2013-01-13 16:51 | 12 ヨーロッパ3カ国でジビエなど