総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プラハ ジビエなど食べ歩き編
d0059205_2233641.jpg


プラハ最初のお店はこちらのカフェ。壁にはプラハらしくミュシャの「一日の時の流れ」が飾ってあります。

ところでプラハはカフェ、レストランでもWIFIを利用できるお店が多くてホテルに戻らなくてもよかったのがとても便利でした。空港では無料でWIFIが利用できましたし、WIFI環境がこんなにも整っているなんて驚きです。つい、食事中にもつぶやいたりなんてしてしまいました。

d0059205_22334270.jpg


このお店の名物ケーキ。マジパンとチョコレートクリームにピーチ。1900年代初頭から変わらないレシピで作れているとか。

d0059205_22484353.jpg


そして昼ごはんはチェコでジビエということでお店をあれこれ探してここにすることに

d0059205_22594575.jpg


前菜はジビエのパテ。

d0059205_2303023.jpg


メインは野兎のクリームソース。メニューには野兎と書いているけどフレンチで食べている野兎に比べたらこれはラパンかな。

d0059205_2322034.jpg


左から食前酒のポート、お勧めの赤ワイン、デザートワイン。

d0059205_23302726.jpg


2日目の朝はこちらのカフェで。

d0059205_23323449.jpg


チェコという朝食メニューがソーセージがつくのでこれならビール呑めるかなとチェコビール呑んでみました。

d0059205_23334716.jpg


この日の昼はチェコ名物のひとつのグラーシュとロケットサラダ。またもチェコビール呑んでみました。

d0059205_012039.jpg


プラハ最後のレストランはこちら。左側にピアノがありますが食事中ずっとピアノの生演奏が楽しめました。

d0059205_01379.jpg


鹿の鞍下肉にホースラディッシュのデイップなど。

d0059205_0192745.jpg


野兎のガーリック炒めにアンズダケとポテトピュレ。やはりラパンだなぁ、この味わいは。

d0059205_0215881.jpg


野兎だと思って頼んだのがこのワイン。ローヌは他にもエルミタージュ、シャトーヌフ・デュ・パプと大好き銘柄があり、フランスのワインの中で一番好きな生産地。野兎ならボン・マリアージュでした。
[PR]
by esthetisme | 2013-01-09 23:00 | 12 ヨーロッパ3カ国でジビエなど