総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
1月8日の晩御飯 松山の割烹
1月7日の京都の割烹に続いてやはり夜御飯は割烹を選びました。人気店らしく21時まで満席でしたのでその後に。松山行きの夜行バスで何度も起こされて寝不足でしたので予約の時間まで一眠り。おかげでその後バーに行っても元気も元気でいろいろと松山の話が聞けてよかったなと。

さて御飯ですが先付けは四角い升の中に数の子、鴨ロース、田作り、出汁巻きなどと正月料理。日本酒はもちろん地酒で石鎚の純米吟醸を呑みながら。
これ食べてやはり居酒屋にしなくてよかった、次の料理に期待が膨らみます。テーブルの上の飾りも正月らしく南天と松。そしてカウンターからは坪庭が見えます。なんか京都にいるような気分。

次はあおりいかに雲丹。素材に自信があるのか味付けは塩のみ。しかも家で使っているのと一緒。確かに塩のおかげで素材の甘みが引き立っていますね。

そして嬉しいことにてっさとカワハギの肝。これまた味付けは塩をつけて食べますが、ひれ酒をもちろん注文。ひれ酒がメニューにある時点でふぐ料理でるんですかね?と聞いておけばよかったなと。

d0059205_23542370.jpg


てっさに続いてふぐ料理がもうひとつということでふぐの肝あえ。これも肝はカワハギでふぐの身と皮をあえています。ひれ酒がやはり好相性です。もちろん継酒をして初めての松山に当たりのお店に出会えてしみじみ幸せと思いながらこの後の料理も味わいました。
また食べていて白子焼きを白子酒と一緒に食べたくなってきた。来月に広島のふぐの名店で思う存分堪能することにしましょう。ふぐの他にクエも食べたいなぁ。ジビエも食べたいし食べたいのがほんとたくさんです。

d0059205_2354473.jpg


一番美味しかったのはこの炊き合わせ。旬の北海道産の白子、お正月に使われる京都の金時人参、高知の海老芋、これから旬の福岡の筍のように冬から春の素材が満載。やはり出汁の味わいが大好きなのです。様々な具材の旨みが溶け込んだ出汁がただただ美味しくて。

揚げ物はキス、クリームチーズ、干し柿をあわせて揚げたもの、ししとう、ぎんなんなどこれまた具たくさん。お酒がすぐなくなるということでひれ酒の継酒はメニューにない日本酒を確認したら山廃を戦後復活させた蔵のひとつで有名な蔵である菊姫の加陽菊酒があるのでそれを。


炊きたて御飯の前に地元の焼き牡蠣とお酒を進める味わいの料理がきてほんと嬉しい。さっき頼んだ菊姫はあっという間になくなりました。


そして御飯です。一合用鍋があるので一合から炊いてくれるのがありがたい。京都の某割烹と同じく芯が残っている、パスタならアルデンテの状態でまずはサーブ。じゃこと漬物と一緒に食べていたら土鍋の御飯はあっという間に完食です。

d0059205_23551073.jpg


そうしたら七草粥の頃ですからどうですかと言われてもちろん頂きましたが胃に優しく嬉しかったです。

この後はご主人にバーを紹介してもらいホットカクテル、シングルモルトを楽しみながらこうして松山の夜は更けていきました。
[PR]
by esthetisme | 2012-01-08 23:56 | 郷土料理、和食