総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
愛媛の地酒の呑み比べ1回目 1月8日
愛媛には28の日本酒の蔵がありますがそれら蔵の日本酒を集めてあれこれ試飲が100円からと気軽な値段で飲めるのがこちら。最後の日本酒を飲むまで愛媛は石鎚しか飲んだことないと思っていました。

d0059205_17275994.jpg


まずは2つの蔵を選んで純米大吟醸と日本酒でも香りが華やかで軽快な飲み口の日本酒の飲み比べからスタート。酒の肴が簡単なものしかありませんが愛媛の地元の食材を使ったものを選びました。

d0059205_17282429.jpg


次も2つの蔵を選びましたが今度は純米吟醸。愛媛の酒造米を使った日本酒と日本酒の中で一番の好みである山廃造りの日本酒。
その次は山廃と濃い目の味わいの日本酒の後ですからやはり続くのは濃い味わいの日本酒。原酒とあらしばりと濃厚でボリュームのあるものをセレクト。とどんどん好みの味わいに近づけていくのはいつものパターン。山廃が1種類だけこの時はなかったのが残念。

d0059205_17285730.jpg


山廃が好きなので家にある日本酒をちょろっと載せますが熟成年数が古いのから選ぶとこの3本。左から24年熟成、10年熟成、8年熟成。この他山廃が全体の8割を占めます。

d0059205_17322614.jpg


あとはにごり酒の時期でもありますからにごり酒を並べるとこの3本。正月休みの1週間の間にもう全部呑んでしまいましたけど。真ん中のうぐいすサンタはクリスマスにスパークリングワインの代わりにちょうどいい感じですよ。飲み心地が滑らかでフレッシュでジュシーで飲むと泡々感がたっぷりしてほんとして楽しい。

d0059205_1729284.jpg


そして最後は呑み始めた日本酒に戻るべく純米大吟醸で7年寝かした後に凍らせてています。これ呑んで、あれ?昔呑んだことあるなと思い出したのですがそれは銀河鉄道。飛騨高山のお店で呑みましたね。しかも7年物ではなくもう少し寝かせた10年物と他にもスペックは違うと思いますけど。ちなみに量としてはこのように試飲程度ですから呑める方はには呑み比べが楽チンではないかと。やはり1人で1合は多いなと思う時があるので。

d0059205_1732555.jpg


おまけで日本酒呑む前に腹ごしらえということで伊予うどん。四国といえば讃岐うどんですが、それより塩分控えめのうどん。うどんのつゆに入れて一緒に食べる具財が豊富で合計7種類。手前の左にあるねぎから
始めて最後は左上のてんかす。大目にしたらかなりの量になりましたが美味しくてあっという間になくなり、最後はゆで汁でたくさんの具財が入っている汁をわって〆です。

この後は松山の割烹です。
[PR]
by esthetisme | 2012-01-07 17:33 | 郷土料理、和食