総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
11月6日の晩御飯 初物のカラスミ、シラス、雲丹の鯛巻きなどなど
ヨーロッパ旅行から無事帰ってきて一番食べたいのはもちろん和食。いつも美味しい和食とお店の方々の心遣いが嬉しいこのお店へ。以下のとおり数々のご馳走と玉川やひやおろしと僕の好みの日本酒を用意してくれてこの日もどうもありがとうございました。

まずはさっぱりとお浸し。一口食べてあぁ日本に帰ってきたなぁとしみじみ思いました。やはり生まれ育ちが日本ですから和食を食べるとほっこりと和みます。

d0059205_22412831.jpg


そして自家製のカラスミ大根、まるじゅう、湯葉のイクラ乗せ、銀杏しんじょう、才巻海老などなどいつものように日本酒が進む八寸です。中でもカラスミ大根はいくらでもおかわりしたいぐらいお気に入り。久々の和食と日本酒がとにかく美味しいです。

d0059205_22415690.jpg


次にご主人が「日本の黒トリュフですよ。」と言うのでもしかして松茸と思ったらそのとおりでたっぷりの量でとっても嬉しい。イタリアでの白トリュフと同様にその香りを特にそして大好きな出汁の味わいを楽しみました。

お吸い物は次はお造り。雲丹を鯛で巻いたもの、よこわ、ぶり、明石のたこなど盛りだくさん。生の魚がこんなにも美味しく食べれる日本に生まれて心からよかったです。生魚を基本的に食べる習慣がヨーロッパではないのでヨーロッパ旅行の後は特にそう思います。

焼き物は穴子の白焼き。ふっくらと香ばしく焼かれていてこれまた旨くて日本酒がエンドレスで飲めてしまいます。

そのほかに料理はありましたがご飯は初物の釜揚げしらす。この時期のしらすは「秋しらす」 と呼ばれ身が締まっていて みずみずしく美味しく味わっているそう。それは夏を過ぎ、急に水温が下がり、越冬のために脂分が多くなるためだとか。季節の恵みに感謝しつつ最後まで美味しいご飯となりましたがお土産に頂きました。おかげでまた翌日の月曜日と週の初めに美味しいご飯が続けて食べることができて幸せです。

また今月も行けるようにスケジュールを調整したいです。第一希望日は残念ながら予約が一杯でしたので。
[PR]
by esthetisme | 2011-12-13 23:05 | 郷土料理、和食