総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011 京都 紅葉狩り その2
先週の日曜日は雲が多かったですがなんとか晴れました。でも最初、嵐山に着いた時に小雨がぽつりぽつりと降ってきて諦めモードになりかけましたが遠くにある山のほうでは晴れているので雨雲が移動するんじゃんないかとあずまやでしばし待機することに。そうしたら無事雨が上がり、

d0059205_931383.jpg


このように雲が多いながらも青空の下で正に見頃の嵐山の紅葉を渡月橋と一緒に撮ることができました。ただやはり欲を言えば雲は1つもいらないですけどね。しばしこのあたりのんびり、のんびり眺めることに。赤、緑、黄色と色々な色のグラデーションが本当に綺麗です。

d0059205_932783.jpg


次に天龍寺へ。ここに来るあたりになると日が差したり、そうでなかったりと天気が安定しない。日が差す瞬間を狙うのですがわずかの間。まいつでも来れると思っているので気に入る写真が日が差した瞬間に撮れるまで3時間ぐらい粘りました。

d0059205_934995.jpg


もっと使いこなしがしたい135mmのレンズで日が差す瞬間を気長に待ちながら撮った一枚。散った紅葉が小さな川の上に浮かんでいました。もっとボケを生かした写真を撮りたかったのですがなかなかうまく背景が整理されたところがなくて。ボカしても背景がごちゃごちゃしていると綺麗じゃないですしね。

この日の夜は高台寺へ。昨日までがライトアップの開催期間でしたが今年は遅かったので延長もしていいのにと思いました。この日が最後ですと寺の周りで盛んに宣伝していますから並ぶ人が多かったですね。

d0059205_941276.jpg


水面に写った水鏡の美しさがとても幻想的でこれまた最高でした。三脚は残念ながら人がいなくても駄目でしたので手持ちでなんとか頑張ることに。ライトアップ終了あたりになれば人はもうほとんどいないのですから三脚タイムでも作ってくれたらいいのですが。
それにしても写真ではこの美しさはよく伝わらないと是非とも実際の光景を見て欲しいものです。

d0059205_942863.jpg


昼に続いて135mmのレンズで写真が撮りたいということでこの塔を見た瞬間、ぴったりな画角と思いレンズを交換して見たらやはりちょうどよかったです。やはり夜に開放F1.8という絶大な明るさにはほんと写真を撮ることを助けてくれます。ちなみに135mmは人物を撮るのに一番最適な画角のようです。それならモデルさんの撮影会などで使う機会を増やしてあげたいなと思いました。
[PR]
by esthetisme | 2011-12-05 09:05 | 日記