総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10月31日の晩御飯 昼も夜もリエーブル・ア・ラ・ロワイヤル
ミラノからパリへ寝台車で移動し、朝の8時に到着。一等車は2人用の個室となっていて洗面台があり、僕だけでしたので快適な夜の旅でした。

d0059205_15505145.jpg


駅についてタクシーでホテルへ。荷物を預けてさぁ観光です。まず一番最初に向かったのは大好きな画家の一人であるギュスターブ・モローの美術館。翌日は休みですのでパリに着いた日に必ず行きたかった場所です。何度も行ったことがありますから最寄り駅を降りて、あぁ懐かしい風景と思いながら地図を見なくても簡単に辿り着けました。パリに住んでいたら毎日でも来たいぐらいのお気に入りの場所。

d0059205_1553526.jpg


そしてリエーブル・ア・ラ・ロワイヤルを食べるべく移動。一応紅葉していて雰囲気がいいですね。

d0059205_15543071.jpg


はいおまちかねのリエーブル・ア・ラ・ロワイヤルです。

d0059205_15534590.jpg


リエーブル・ア・ラ・ロワイヤルを食べた後はノートルダム大聖堂へ。そこのステンドグラスです。

d0059205_15591219.jpg


そして夜もリエーブル・ア・ラ・ロワイヤルです。古き良き日のパリのフランス料理という感じです。クロッシュが料理に被されていてクラシック。なかなかもう見かけないですよね。パリにまた来たい理由となるぐらいとても気に入りました。

また後で詳しく書きたいところは書きます。
[PR]
by esthetisme | 2011-11-01 16:01 | 11 ジビエと白トリュフの旅