総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011 京都・宇治灯り絵巻
今年もまた平等院鳳凰堂のライトアップの日となりましたので行って来ました。時間的に余裕があったので3日間の開催中2回行きました。

1日は30分ぐらい前に行ったらもう行列が既に出来ていて入るのに時間がかかったのと構図を決めるのにも時間がかかり、最近日没の時間が早いので空が一番濃くなる時間のうちほんの僅かしか撮れませんでした。
なので2回目はそれなら1時間前に行き、1回目の時に構図をあらかじめ決めておき少しでも時間を稼ぐことをしましたがそもそも日没が早いのだから秋、冬のライトアップは30分は前にして欲しいんですけどね。

d0059205_9131289.jpg


さてまずはこれが一番有名な構図でしょうね10円玉パンフレットの構図でもおなじみです。まさにこの世の極楽浄土が今ここにいうという感じです。でもこれじゃ個性がないということで

d0059205_9133911.jpg


横から撮るとこんな感じです。こちらは50mmの単焦点でひいて撮ったのですが撮っているうちにひかなくても撮れる35mmF1.4Gか24mm F2のレンズが欲しくなりました。まだまだレンズ欲は続きます。

d0059205_9135982.jpg


闇夜に浮かび上がる阿弥陀如来坐像。神秘的な雰囲気を更に感じることができて本当に美しい。往時のころは今より光り輝いていたのでライトアップせずとも同じように見えたのではないでしょうかね。やはりこのあたりでしばし皆さん、立ち止まってゆっくりと見えいました。

d0059205_9141477.jpg


そして鳳凰堂のあとはお茶で一服。写真の左下にある扉が入り口で中は3畳一間の茶室。この茶室はなにか宇治でイベントがある時に限定して公開しています。腰掛で準備が整う待ち、つくばいで手と口を清めてから茶室に入ります。
まずは茶道ではよくあることですが初紅葉という季節を取りした和菓子を頂き、次に薄茶を頂いて、どんな器かなと拝見したりしてと久々にお茶の時間を堪能しました。
この日は長寿の花である菊にちなんだお椀で、茶杓、なつめも菊でしたので菊尽くし。

d0059205_9143581.jpg


平等院鳳凰堂と同じくこちらも世界遺産の宇治上神社。平等院鳳凰堂と一緒に世界遺産に登録されましたが、その理由は本殿の中の3つのお社が現存する最古の神社建築であることと、拝殿が平安時代の住宅様式が取り入れられた建物だからです。なるほどね。

ここでなかなかない機会ですが宇治にちなんだ曲で雅楽の演奏が開催されました。平安時代の人も同じような曲を聴いていたのではないかと古へ思いを馳せて秋の夜長を楽しみました。

d0059205_9145161.jpg


この2日間は平等院鳳凰堂、雅楽、茶の湯と五感で日本の伝統文化に触れる最高の機会でした。
[PR]
by esthetisme | 2011-10-11 09:17 | 日記