総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7月30日の晩御飯  日本酒12種類6合に牡蠣、きびなご、山うに豆腐、冷や汁、だしなど
この日は日曜日に東京での仕事(7月の東京出張2回目)があるのでそれなら土曜日も東京で過ごそうということで1日早く東京について食べ歩きです。

お昼はいつものお寺で精進料理でしたが定番の料理ときゅうり、枝豆、なすと夏野菜を使った旬の料理を一皿一皿出来立てをわざわざ僕1人のために作っていただいてとても感謝。精進料理は本当に手間暇がかかりますからね。素材がもつ味わいをとても堪能できました。

そして夜は日本酒ということで前から気になっていたお店へ向かうことに。飲んですぐ寝れるようにとお店の近くに宿をとったのでもう日本酒が止まらない。一見お断りと張り紙がありましたが同じ日本酒好きなので大丈夫ではと思い、ドアを開けてお願いしたら無事飲めました。

d0059205_10161552.jpg


まずは軽くてさっぱりとした味わいから飲んで、どんどんと味わいを重くしていきます。この頃は新生姜の酢漬け、水茄子の刺身、牡蠣が得意なお店ですので京都と福井の岩牡蠣の2種類で食べ比べといった肴をあわせました。

d0059205_10163589.jpg


続いて好みの味わいに近づけていきます。やはり山廃や生もとといった伝統的な作り方で作られる日本酒が大好きです。古酒まで飲んだら次は軽いお酒で初めに戻るというループ的な飲み方を家でもお店でしています。このように日本酒って味わいがとても広いのが魅力的。この日は飲みませんでしたが貴醸酒というデザートワインのような味わいの日本酒もありますしね。

d0059205_936292.jpg


竹鶴と達磨正宗の古酒のあたりでつまんだ山うに豆腐。濃い味わいの肴には濃い味わいの日本酒でマリアージュですが、これがかなりはまりした。

しめには宮崎の郷土料理の冷や汁。次のだしといい暑い夏にほんとうにあうし、食べ終わるとまた飲みたくなるんですよね。

ちなみにこのお店のレシートはすごくわかりやすくて親切ですね。食べたのがメモしなくてもいいぐらいですから。

このお店で知り合った方に2軒目を紹介してもらいまして次のお店へ行きます。ご紹介どうもありがとうございました。また東京に行ったときは一緒に飲みましょう。

d0059205_1018409.jpg


ここでもまだまだ飲むということでこの4種類を。どれもおまかせですが山廃がやはり嬉しい。それにしても日本酒はいくら飲んでも飽きない。

d0059205_9284384.jpg


この山形の郷土料理のひとつであるだしが夏らしいさっぱりな味わいでいくらでも食べれそうなぐらい気に入りました。

もうこれだけ飲んだら十分ですが、でも明日の夜は東京を出発してしますのでこの日の夜をまだ楽しみたいということでコニャックが揃うバーへ移動です。また別記事で。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-30 10:19 | 郷土料理、和食