総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6月5日の晩御飯 アスパラソバージュ、オレッキエッテ、アニョー・ド・レ、
前回の訪問から約1ヶ月、無事、再訪できました。

d0059205_0193098.jpg


だいたい5月の約1ヶ月ぐらいしか見かけない野生のアスパラがこのアスパラソバージュ。ぬめり感がありオクラのような味です。さっとボイルしてイタリアのラルドを載せていますが、アスパラの熱でラルドがほどよく溶けて美味しい。

d0059205_020276.jpg


プーリア州の卵をつかわないパスタであるオレッキエッテ。名前のとおり耳たぶの形をしていますが、もちもちとした食感が楽しい。ブロッコリーとアンチョビベースのシンプルに仕上げていますが、このパスタにはよくあってとても美味しかった。

d0059205_020302.jpg


そしてこの日、一番食べたかったのがこの乳飲み仔羊。生まれて間もないのですから牧草を食むことをまだ知りません。そんな仔羊を食べてしまうのですから残酷と言えば残酷ですが・・・
味わいミルクだけで育っているのでミルクの甘みがたっぷりで、臭みがほんとなく、とても柔らかで繊細さがこの上ない肉質。普段食べる仔羊が赤身の肉なら、この乳飲み子羊はまったく違って白身の肉と例えられて別物かと。
なので赤ワインは本当に軽いものでないと食材にあいません。赤よりこの繊細な肉質を優しく包み込めるような白ワインが絶対にあいます。こんな貴重な食材が食べれてとっても満足でした。
ちなみにつけあわせのひとつにプーリア州の特産キノコであるカルドンチェッリをつけてもらいました。エリンギのような食感でなかなか旨みが十分でした。

d0059205_0205135.jpg


今回のチーズは見てのとおりウォッシュチーズがやばいぐらい旨そうに思えませんでしょうか。これはアフィネ・オ・シャブリですが熟成加減はばっちしでした。
またウンブリアのサマートリュフを添えてあるのはトリュフ入りチーズのクルティン。先月食べてとても気に入ったのですがまた食べれたと思ったらトリュフと一緒にという贅沢な食べ方。
他にはアボンダンス、タレッジョとイタリアとフランスのチーズが半々でチーズまで毎回、本当に満足させてもらっています。関西でイタリアンならこのお店が一番好みです。



次はもう食べたいのがいろいろと決まっています。早く再訪したいです。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-05 00:21 | 日記