総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7月3日の晩御飯 京和食かもめ
今年は何度もお世話になっていてだいぶネタがたまっているのですが、遅々としてアッが進みません。とりあえず一番最近の食べた記録から。
お酒を選んでいたら嬉しいことに好みのお酒を用意してくださっていて、いつもいつもサプライズを用意頂いて、ご主人を初めお店の方の気持ちを本当にありがたく感じます。

さっぱりとした先付けの後に鱧とはすいものお椀と少し変則的な出し方。でもお椀は生姜の葛とじでぴりっと
しょうがを利かせてあり、しょうがは夏バテにもってこいの作用があるようで内臓が活発化しますから八寸の前でいいのかも。
またはすいもの食感がずいきみたくて楽しいし、鱧は梅雨を飲んで肥えてきたのか、しっかりと脂が載っていて旨いですね。ふくよかで繊細な出汁、いつもながらご主人の出汁の味が好みです。

d0059205_15355497.jpg


そして八寸。いつものように美味しい酒肴が盛りだくさん。自家製からすみのからすみ大根、アスパラの黄身酢かけ、もろこししんじょう、水菜と生麩の白和え、鯛の小袖寿司、カステラ卵、鮎の香梅煮。からすみはチーズのような濃厚さで後を引く味わいでたまりません、アスパラは瑞々しくて甘みが強いですね、梅の酸味がほどよい鮎の香梅煮とどれも美味しい。

d0059205_15371112.jpg


お造りは鱧、マグロ、鯛でした。けずりたてふわふわのとろろ昆布を鯛に巻いて、昆布の塩気がありますからそのまま食べてみましたが美味しいですね。マグロにもあいますね。
とろろ昆布って味噌汁の具でしか食べたことがありませんが、こうしてお造りと食べるのは初めて。ご主人が昆布を包丁で削って削ってようやくけずりたてが出来上がります。

d0059205_15374982.jpg


焼き物はフランス産のシャラン鴨を炭火でじっくりじっくりと焼いてくれます。この炭火で焼くのは最近、板場に導入されていてどんどん環境がパワーアップしています。
冒頭で書いた用意してくださったお酒がこの料理には抜群の相性を見せて、やはりこのお酒、脂の濃い肉料理にあわせると一番力を発揮すると思います。ジュシーで脂の載った鴨さんにぴったりで肉の脂を綺麗にさっぱりと洗い流してくれます。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-03 15:39 | 郷土料理、和食