総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7月10日の昼ごはん、おやつ、夜ご飯
d0059205_2144080.jpg


宇治平等院鳳凰堂と蓮を見に行ったこの日の昼ごはんは宇治のどこで食べようかと迷いましたが夜にしっかり和食を食べるので蕎麦で軽く。
蕎麦の前にいつものように日本酒と酒肴ですが、日本酒は蒼空がありましたので嬉しいなとそれを頼み、酒肴はクリームチーズの味噌漬けとめふんを頼み、昼酒を楽しむことに。
蒼空はメニューに蒼空としか書いていませんでしたが、夏酒でしょと思って一口飲んだらあれ?レギュラーバージョン?という味でしたので帰り際にボトルを見せてもらったら思ったとおりでした。

d0059205_21442039.jpg


次に蕎麦ですが、きてすぐ食べたかったので撮っていません。蕎麦だけでは夜ご飯まで持ちませんからかやくご飯にそばつゆとねぎをかけたハイカラご飯も頼みました。あわせて日本酒で黒帯という熟成酒も気になったのでそれも。
日本酒の色を見てすぐ濃い山吹色をしているので熟成酒と知らなくてもすぐわかりますね。

d0059205_22174180.jpg


昼ご飯の後は宇治ですから抹茶スイーツが食べたいということでいつものお店ではなくて、まだ行ったことがないこちらのお店へ。子供たちなど家族連れでファミレス状態。宇治には大人が静かに食べれる甘味所はありませんかね。とりあえず抹茶葛きりと抹茶の水羊羹のセットを食べました。

d0059205_22175862.jpg


この後は宇治から祇園祭のお迎え提灯を見るべく祇園へ移動。ちょっとした予想外のこともありましたが無事、お迎え提灯が始まるぎりぎりに間に合いました。
行列を追いかけて、市役所でいろいろな踊りを見てたっぷりと動いて、さっぱりとしたものが食べたいということで川床のカフェでひやしぜんざい。
鴨川から吹き上げられる風が心地いいし、夕方から夜へ向けてどんどん空模様が変わっていくのを見るのも楽しいし、今後もまたここでおやつが食べたい。

ひやしぜんざいの後はお神輿を見ましたが、脚立がないとまったくもって撮れないぐらい人が多すぎて、一般人でも脚立を立てて撮っていましたので僕も同じように撮ることができるようになるため脚立を買いたいな。

d0059205_22181971.jpg


お神輿のあとは食べログでかなり上位のこの割烹へ。団扇の形と夏&お祭りらしい器に載った八寸。鱧寿司、鯛の子、鱧の卵豆腐、鮎甘露煮、新ショウガのサフラン煮、黒豆の枝豆、がらえびなどです。

d0059205_22183776.jpg


琵琶湖の鮎。焼く前にぴちぴちに跳ね回る様子を見せてくれました。生簀でもあるのでしょうね。生きている鮎だから肝のほろ苦さが穏やかでほんのりとした甘みが感じられて美味しい。もちろん頭からがぶりといきした。

d0059205_22185536.jpg


北海道産より高価な由良(淡路島)の雲丹。この雲丹、このお店で感想を書いている人の記事を見て今日、食べれたらいいなと思ったら無事、食べることができて嬉しい。実は由良の雲丹は初めてなんです。
今日の先付けで北海道の雲丹も美味しかったのですが、地の利もあり由良の雲丹はもっと美味しく感じます。
一度は由良で雲丹を食べ飽きるぐらいたくさん食べたいのですが今年行けるかな。

ところでお酒は小鼓の純吟、またここでも蒼空でしたが夏バージョン、七本槍の純米とどれも半合ずつと飲みました。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-10 22:22 | 日記