総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7月2日のおやつ、晩御飯
d0059205_225724.jpg


善峰寺で紫陽花を撮って楽しんだこの日のおやつは食べログでも高評価なこのお店のカキ氷を食べることに。お店に着いたら何組も並んでいてこれはどのくらいかかるのかな、までも夜ご飯の予約の時間まで2時間はあるしネットサーフィンでもしていれば待てるねということで待つことに。待つこと1時間しばし。カキ氷でそこまで並ぶかという感じですが、食べたのはこの黒蜜のカキ氷。美味しいですけどまた並ぶかは微妙です。

でおやつの次はご飯ということで京都から大阪へ移動。この大阪のお店のように料理はアラカルトなのでお酒を料理に合わせて楽しめて、値段はとても手ごろなお店が京都で見つからないんですよね。僕が席についてから帰るまでにお隣さんが2回変わっていましたがどのお隣さんからも聞こえてくるのは「料理が美味しい」ということ。2回変わっていたのは僕は1品、1品、料理に合わせて日本酒が7種類あるので組み合わせを考えながらゆっくり食べているからなんですけど、このお店の料理はほんと美味しいです。後は禁煙になってくれたらもう望むものがありません。

d0059205_22572558.jpg

さてこの日はまずはお造り3種類盛り合わせから。鱧だけでなくて今が旬のいさきが写真では脂のノリがうまく伝わらないかと思うのですが、実物の脂のノリの様子はもう本当に食欲そそるもので実際にとろけるような脂のノリがとてもよかった。

d0059205_22574545.jpg


それからカサゴの煮付け。いつもながら出汁がしみじみ旨い、旨すぎる。会社から帰り道なので毎日ここで夜ご飯を食べたいぐらい。思わず白ご飯が欲しくなりました。

d0059205_2258425.jpg


刺身で食べたいさきを今度は唐揚げで。イサキはもちろん美味しいのですが、添えてある山桃ですがそのものは甘酸っぱいようですが、こちらは甘露煮でもしているのかわからないですが濃厚な甘みと好みの味。

他に食べたのは夏の漬物で食べる頻度が多い水茄子、初めて食べた足赤海老を塩焼きで、〆は熟成させた汁が泣けるほど旨い汁で食べる茶蕎麦

d0059205_22582094.jpg


飲んだお酒のうち、初めて飲むのはこちら。右のお酒は京都の蒼空の夏酒で夏酒だけに夏らしいラベルですね、もう完売状態ですし、このお酒の味わいをしっかりと覚えておこうということでおかわりすることに。その後は定価で入手困難なプレミアのお酒ですがいつも置いてあるので毎回飲みたくなる飛露喜。福島はもとより日本が誇るべき銘酒のひとつだと思っています。
ちなみにこのお店では日本酒の保管がちゃんとしていて注ぐたびにシュポシュポと瓶の中の空気を抜いてフレッシュな状態を保つようにしています。
僕も家では同じようにしていてなるべく酸化はさせたくないし、すれば長持ちするようになるのでシュポシュポは欠かせないんですよね。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-02 23:03 | 郷土料理、和食