総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 沙羅の花を愛でる会
ようやく今日、前から行きたかった東林院の沙羅を愛でる会に行ってきました。東林院は今年1月の小豆粥の会以来。その会もまだアップできていませんので早くアップしたいですね。

さて今日は梅雨の季節で今週1週間はずっと雨の予報だけに雨露でしっとりと濡れた沙羅を愛でれるかなと思ったら途中から梅雨の谷間のように見事に晴れてきてとても暑い1日となりました。

写真の前に頂いたパンフレットから沙羅の花について。

沙羅双樹は、お釈迦様が入定された時にいっせいに花開き、その死を悲しんだとされ、仏教とゆかりの深い名木です。
インドと日本の沙羅双樹は種類が違いますが、「平家物語」にうたわれた沙羅双樹は日本の木がイメージされたもののようです。
朝には咲き夕には散りゆく”1日花”の姿が、人の世の常ならぬことをよく象徴しています。”形あるものは必ずこわれて行く。形美しきもの永遠に保てず”
お釈迦様は「今日なすべきことは明日に延ばさず、確かにしていくことがよき一日を生きる道である」と教えになっています。
沙羅の花は一日だけの生命を悲しんでいるのではなく与えられた一日だけの命を精一杯咲きつくしています。
人間の生命にはいつか限りが来ます。そこから「生かされている人生をどう生きるか。今日を無駄にできない」、つまり「今は今しかない。二度とめぐり来ない今日一日を大切に、悔いなき人生を送らねば・・・」という気持ちがわいてはこないでしょうか。
この仏縁深き花のもとで、静かに座って自分を見つめ、”生きる”ことについて考えてみてください。

お寺の方がこの話をなぞるようにいろいろと話をされていました。話を聴いていて思うことはありますがとりあえず撮った写真からアップします。

d0059205_22505263.jpg


この日は曇り空と晴れ空が交互のように訪れるそんな天気。午後を過ぎてからは晴れ空のほうが多くてずっとそのままという感じ。晴れ空の前に曇り空の頃のお庭の様子。今回のアップで晴れ空の時も上げますが個人的には曇り空のほうが庭の風情がより感じられるようで好きです。

d0059205_22512770.jpg


続けて晴れ空の時の光が画面一面に回っている頃の様子。曇ったり、晴れたりと空模様が忙しいです。

d0059205_22515458.jpg


こちらはフルサイズのカメラだと距離が足りなすぎてAPS-Cのカメラに変えて撮った1枚。このように咲いている沙羅の花のまわりに咲き終えて落ちた花がたくさんありました。こうして撮っている間にも落ちていくのですからほんと儚いです。

d0059205_2252841.jpg


こちらは精進料理を食べたところから眺めれるお庭の様子。画面右下に桔梗が咲いています。梅雨の季節だけに久々に青空が見れて嬉しい。

d0059205_22522561.jpg


帰り際に小さいけど鮮烈な色合いで存在感のある睡蓮を見つけましたのでマクロレンズに変えて、膝をついてとにかくアップで撮りたく頑張ることしばし。撮れた写真だとイメージが違うのでだいぶ切り出ししています。

精進料理やその前に食べた和菓子についてはまた別記事で。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-21 22:52 | 日記