総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 葵祭り
京都の三大祭、まだ見たことがなかった葵祭りですがようやく今年見ることができました。これで京都の3大祭りは全て見れたことになりました。

去年の時代祭りの時のように行列前の参加者を撮ろうかと思いましたがそうすると行列が始まってから御所あたりで撮るのにスペースが確保できなくなるので、行列が始まるところで行列が始まるのを今かと待ちました。

10時半を過ぎたあたりに何の合図もなく突然行列は開始。時代祭りと違って音が一切がなくて地味な感じがします。それでも平安絵巻が束の間ですが現代に蘇り、雅かな気分を味わえていいです。

d0059205_9321368.jpg


まずは御所あたりで。行列は本列と斎王代列に大別されますが斎王代列から。この花傘をさしかけてもらっている一番先頭の方は命婦。命婦とは女官の通称で、小桂を着用する高級女官のことです。

d0059205_9324258.jpg


葵祭りのヒロイン、斎王代。供奉者にかつがれた腰輿(およよ)という輿に乗っています。斎王代が着ている十二単、30kgぐらいあるようで着ているだけで大変な重労働ですね。しかもこの日は気温が26度まで上がりましたから暑くてそれも大変だったでしょうね。
今年選ばれた女性ですが、その方の母も叔母も斎王代を努めたことがあるそうで自然の成り行きでしょうね。

d0059205_933187.jpg


御所を出て下鴨神社へと向かう行列を近づけるだけ近づいて撮りました。近づいて撮ってはまた列を後ろから追いかけて追い越して、また近づいて撮るの繰り返し。花傘をさしかけてもらっていないのでおそらく食事をつかさどる女官である女嬬でしょう。

d0059205_9331793.jpg


これも同じような一枚ですが、斎王代列ではなくてこちらは本列。大がさの上に牡丹や杜若など季節の造花を飾りつける風流傘。これは山吹ですね。

d0059205_9335745.jpg


ここまではそれなりに撮れたのですが、この後の下鴨神社が観覧席以外は撮れる場所が角度が悪すぎてほぼないに等しい状態でした。それなので今度撮るのならもう御所や道中はだいぶ撮りましたので、下鴨神社の観覧席で行列が来るのを待つことにしましょう。この一枚は幕から覗いて撮りましたが。牛車なので牛にひいてもらうところなのですが、下鴨神社に着いたので次の上鴨神社に行くまでに休憩でもしているんでしょうね。
このように人が押していました。ほんとせっかく下鴨神社まで追いかけたのこれぐらいしか撮れませんでした。

この後は同じ日に行われている嵐山のお祭りへと行きました。また別記事で。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-15 22:38 | 日記