総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
4月9日の晩御飯 京和食 かもめ
本当に更新がなかなかできていなくてようやくのアップです。お待たせしました。

京都の夜ご飯で4000円と6000円のコースと手頃な値段で、町屋を上手に利用した空間の中で、季節感を感じることができる美味しい京和食が頂ける貴重なお店がこのかもめさん。

この日はまたどんな美味しい料理か頂けるのかといつも楽しみにしていましたが、頂いた料理の中から3品を。

d0059205_22425490.jpg


まずは八寸。ひらひらと櫻の花びらが舞い落ちた風情を感じさせる盛り付け。ホタルイカの南蛮漬け、卵カステラ、鯛の小袖すしなどいろいろと美味しい味を楽しめて、お酒が進みます。

d0059205_22432486.jpg


次にお椀。桜海老の焼きしんじょう、筍、卵豆腐と椀種は春の味覚がもちろん中心。いつもながらの鼻腔をふわっと抜ける香り高い出汁。鰹、昆布、椀種とそれぞれの風味が混じりあって渾然一体となって押し寄せてきます。
やはりコースにおいてお椀は主役であり、お椀の味わい如何でその日の食事の満足度が本当に左右されるかと思います。
かもめさんのお椀を味わってからは出汁の味わいがますます好きになりましたし、そもそもご主人のひく出汁が大好きです。

d0059205_22443291.jpg


そしてご主人が用意してくださった金目鯛の兜を塩焼きで。この日は両親も連れて行って家族が揃っておめでたいと言うことで嬉しいサプライズ。いつもどうもありがとうございます。この赤い鯛って正月にぴったりだし、縁起がいいってよく言われていますので僕たちだけでなく皆さんに何かご利益があるといいですね。

それにしても今見ても食欲をほんとそそる色。刺身でも金目鯛を頂きましたが、その時の脂ノリから兜を期待していましたが期待どおりの味。皿にどんどん脂が溢れてくる。一口食べてからは隠れている身や骨についた身などほんと夢中になって食べました。目の周りのとろとろのゼラチン質も美味しかったです。すっかりと骨だけになりご馳走様でした。

ようやくこれで今年4回行ったうちの1回がアップできました。残り3回も次回訪れる前までにはアップしたいです。
[PR]
by esthetisme | 2011-04-09 22:48 | 郷土料理、和食