総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
城南宮 春の曲水の宴
春の城南宮の曲水の宴に行ってきました。城南宮では春と秋と年2回開催され、去年の秋にも行きましたが都合が悪く終わり間際にしか行けなくて、今度こそは早めに行って最前列で撮るぞと思い、1時間半ぐらい前に着いたのですがもう既にかなりのお客さんがいてあぁ、最前列はとれないかと思いましたがなんとか1席開いていて無事着席。でもここは去年の秋と同じような場所で残念。違う場所がよかったのですがそれは今年の秋に頑張りましょうか。

さてこの日は始まるまでそれほど天気がよくなくて、公開リハーサルの後、天気次第で開催を直前に決めますということになり、最前列をとったので晴れてくれよと思ったら無事、天気はもって開催となりました。

d0059205_19232447.jpg


まずは山吹が咲く中を色鮮やかな狩衣や小袿といった貴族の衣裳に身を包んだ歌人が次々入場してきます。あれ?去年の秋と同じ人が多いような。毎年固定なのでしょうか。

d0059205_1926698.jpg


入場が終わり、歌人にお題が渡されます。今年のお題は「竹不改色(たけいろをあらためず)」。震災の影響を受けて、青々と伸びる竹のように震災から復興して欲しい、そんな思いからこのお題になったようです。

お題が渡されて曲がりくねった小川のほとりに座り、詩歌を用意します。

d0059205_19272289.jpg


歌人が歌を読む前に白拍子の舞が披露され、風雅な雰囲気を更に盛り上げます。

d0059205_19332220.jpg


舞の後は童子が盃に酒を満たして羽觴の背に乗せ、流します。最初の羽觴を見送り、和歌を読み短冊にしたためます。

歌人は羽觴の盃をとりお酒を頂き、童子が読み終わった短冊を集めます。集められた短冊を朗詠者が披講します。

d0059205_1936588.jpg


この写真は披講の後に報道関係者用に再度、羽觴を流して、和歌を短冊にしたためているところ。披講の前に同じような写真を撮りたかったのですが、羽觴が流れてくるのが早くて撮れませんでしたので再度、同じようなことをしてくれてよかったです。
[PR]
by esthetisme | 2011-04-29 19:36 | 日記