総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
4月24日の晩御飯 若竹煮、ブリかま、稚鮎など
この日の晩御飯は鯖寿司が特に美味しくて有名なこの割烹へ。アラカルトが豊富でひとつひとつゆっくりと食べようと思いましたが、コースのほうがお得らしいというのをネットで知っていたのでコースにしました。

先付け(失念)に続いてぶりとよこわの刺身。食べ応えのある分厚い切り身で満足。目の前にあるショーケースから新鮮さが伺い知れるのですがそのとおりですね。そういうのを見て料理を頼むのはよくわかります。

そして次の若竹煮から撮影開始。α55のサイズでも「立派なカメラだねぇ、料理が負けてしまうよ」って言われましたがいえいえ、α900をメインにしている僕にとってはこれはコンデジなんですよね。

d0059205_20363592.jpg


僕はお椀は蓋を後ろにしていつも撮っているのでこの日もそうして撮っていたら、隣のお客さんがお椀の蓋をお椀に立てかけて「こういう感じってよく雑誌で見るわよね。」と周りのお客さんに同調を求めていましたが、せっかくだからそのまま撮ったのがこの1枚。
春らしい組み合わせでさっぱりと薄味で筍がよく味わえました。この4月3回目の若竹煮でした。

それからブリかまの塩焼き。ブリって焼いたり煮たりすると、その脂のりからお肉みたいなんですがこの味わいはほんと好き。山廃のような濃厚な酒と食べたくなる。夢中になって食べていたらあっという間にわずかの骨だけ。骨についた身ももちろん最後まで食べたら「魚の食べ方を見ると魚がどれだけ好きかわかるわ」と隣のお客さん。もちろん魚は大好きです。

d0059205_204921.jpg


つづいてサラダ、揚げ物はかますと山菜の天ぷらの盛り合わせで鯖寿司の前に稚鮎の南蛮漬けを追加で。食べていたら、鮎の季節の到来が恋しくなりました。

d0059205_20393291.jpg


そして鯖寿司です。酢加減がよく肉厚な鯖が美味しかった。今度はお昼に一巻で食べたいです。食べ終わって見送ってもらい、バーの新規開拓です。
[PR]
by esthetisme | 2011-04-24 20:50 | 郷土料理、和食