総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3月11日の晩御飯  桜鯛、筍、鮑など
この日は東北地方太平洋沖大地震が起きた日でした。地震発生時はお客様の会社にいて会議がこれから始まろうとしていた時でした。
地震の影響を確認するため会議どころではなくなり、すぐさまついたテレビを見ると津波の注意をさかんに言っていて、車、船、家など何でも飲み込んで滅茶苦茶に破壊していく津波の様子を見て自然の恐ろしさにただ圧倒されるだけでした。
実家が東北地方ですが、住んでいる場所から地震の直接の被害は受けないため無事だろうと思いました。念のため電話をかけると地震とほぼ同時に停電となり実家の電話にはかからないので、携帯にかけてみたのですがすぐ切断されて2時間以上はかからなかったです。ニュースを見るとネットは機能していたようなのでskypeはどれだけ有効だったのか気になりましたね。ようやく電話が繋がって思ったとおり無事でしたが、停電となっていて何かと不便だったことでしょう。
でもそれ以上に地震で被害を受けた方々は大勢いますので、お悔みを申し上げると共に被災地の一日も早い復興を願ってやみません。

さてこのお店に行ったのは僕と同じく実家が東北にあるご主人に会うため。実家は無事だったようで安心してご飯を食べることに。

まず食べた中から一品。

d0059205_23574363.jpg


●桜鯛、筍、菜の花のお椀
この前は桜鯛と蚕豆でしたが、この組み合わせもまた春らしさ満開ですね。
体の中に栄養をたっぷりと蓄えて、春の産卵に備えた鯛は体の表面がピンク色になるから桜鯛って呼びますが、そんな鯛だけに身は引き締まり、甘みがぎゅうっと凝縮される。
このお椀の桜鯛もそんな味わいが楽しめるのですが、お造りが一番楽しめました。こんなにも甘いのかというぐらい身が甘かったですね。身の弾力がよくて噛めば噛むほど甘みが増してくる。食べてから20日以上経ってもその時の味が鮮明に蘇ってくるほど印象的でした
ところえお椀の器が銀色、蓋の裏側は金と料理を美しく引き立て素敵。料亭でも使われそうなぐらい立派。お椀の出汁の味はいつもながらの味。もう褒める言葉が枯渇してきたのでその程度で。

その他に栗のようにほくほくとした甘みの筍の天ぷら、バター焼きの香ばしさがたまらない鮑のバター焼き、初めて食べる若ごぼうのお浸し。ごぼうってふつう根の部分を食べますけど、この若ごぼうは茎と葉を食べるもので独特の歯ざわりと香りが特徴的ですね。
さっぱりとした後の〆はまたも桜鯛でお茶漬けで。お椀で出汁を堪能したのにまた最後でも。何度味わってもまた食べたくなる。ほんと大好きな味わい。

d0059205_23581739.jpg


飲んだお酒はこちら。純米大吟醸でも純米酒でも値段が変わらない、同じなのはほんとありがたい。

d0059205_23585397.jpg


そしてこちらも。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-11 23:59 | 郷土料理、和食