総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 下鴨神社 流し雛
京人形商工協同組合主催で行われる下鴨神の流し雛。 束帯と十二単姿の2人が編んだ藁に雛人形を乗せた桟俵の流し雛を境内奥の御手洗池(みたらしいけ)に流して無病息災を祈ります。

d0059205_1119277.jpg


最寄り駅の出町柳に着いて下鴨神社へ向かう頃はまだ雪がちらつく程度でしたが、いざ着いてみるとだんだん雪がだいぶたくさん降るようにになってきてこんなにも目の前は真っ白です。
まさかここまで降ると思わなかったので防滴ではないレンズが気になりましたがなんとかさんだわらを流す頃には晴れてくれてほっとしました。少しぐらいなら情緒があっていいのですが大雪は困りますね。

d0059205_11194387.jpg


今年6月に結婚予定のお内裏様とお雛様。平安装束だけに時代を錯覚しまうようで雅やか。どうぞお幸せに。ところでせっかく流す瞬間を撮りたかったのですがうまく撮れなかったのでまた来年以降撮れるといいのですが。

d0059205_11203567.jpg


舞妓さんも流し雛を流します。こちらは艶やかですね。昼間の舞妓さんってこんな着物を着ているんですね。なるほどではよくある観光体験の舞妓さんと区別がこれでしやすいかなと。他に園児や京都タワーのマスコットなどなど多くの方が流していました。

d0059205_11212424.jpg


流された流し雛はこのように集まってきます。梅も見ごろで空も写真栄えするぐらい晴れてよかった。

d0059205_1144535.jpg


流し雛のアップ。300mmで寄れずで切り出してもまだちょっと足りないかなと。せっかくだから買ってアップを楽に撮ればよかったです。

d0059205_1137147.jpg


流し雛の後は雛祭りなので雛祭りにちなんだお菓子を食べましたがいつもながら美味しかった。女の子の節句ということで小さなお饅頭や、貝の形のお菓子など色も形も楽しいお菓子が登場します。

薯蕷饅頭の「蛤形」はそのうちのひとつで蛤は他の貝殻と決して合わないことから、一夫一婦の教え、女性の
幸せという意味があるらしいです。

もうひとつ雛祭りにちなんだ和菓子。練切で桃を模った「仙寿」。雛祭りは桃の節句とも言われ、ちょうど旬の桃の花を愛でることもありますが、実は桃花酒を飲むなどして、病を除き長寿を願うといった祓いの意味もあるのです。

中国では、桃は「兆しを持つ木」とされ、未来を予知して邪気を祓い、百鬼を制すと信じられていました。そして「兆」には数字の単位でも億の一万倍という「多数」という意味があり、また多くの実を結ぶ多産な木でもあることから、桃はおめでたいものとされてきたのです。

以上、とらやの報道プレスから転載

d0059205_11381129.jpg


和菓子の後はカウンターでひとつひとつ揚げてくれる天ぷらを食べにこのお店へ。これで3回目ですが、昼に1500円で食べれるのがいつもながらありがたい。
揚げたてをはふはふしながら食べたいのでまた今回も写真を撮らなかったのですがネタはだいたい同じなのでそろそろ1枚ぐらい撮らせてもらおうかなと。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-03 11:41 | 日記