総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
知恩院~清水寺~祇園界隈
八坂神社近くのお寿司屋さんで昼ごはんの後は冬の特別公開をしている知恩院へ。

d0059205_0294611.jpg


いつもながら圧倒的な規模の三門は立派ですね。つい寺院の門は山門と書いてしまいますが、知恩院はちゃんと意味があって山門ではなくて三門です。詳しくは知恩院のHPで。拝観料を払ってチケットをもらう時にカレンダーをもらいました。


なかなかに傾斜がきつい階段を登り三門の楼上内部へ。ちょうどガイドさんの説明が始まったところで聞きながら内部を見るにやはり柱から天井までの極彩色の装飾が荘厳な雰囲気でとても見ごたえ十分です。

d0059205_0302631.jpg


説明が終わり三門の上から京都市内を見渡します。写真ではよくわかりませんが景観が高い建物で損なわれている部分もありやはりこれは残念。もっと早くから高さ規制が行われて景観が守られているとよかったのに。

d0059205_0305195.jpg


せっかく梅の時期ですから梅も撮ろうとレンズを望遠のGレンズに変えて撮りましたがやっぱり青空が欲しい。といつも同じこと言っています。

d0059205_0313113.jpg


夕暮れ時の清水寺の入り口あたり。桜が咲いたらもう少し画角を広げて桜も構図内に入るようにしたいですね。

d0059205_0321641.jpg


さらに時間は進んで夜の時間へと移行する瞬間。ここも桜が咲いたらまた撮りたい。とこの日はこれから桜が咲いた時の構図、レンズを何にするかという予行練習みたいなものです。
桜が咲いたら人でごったがえしてゆっくりとそういったことを考えられないと思いますので。


この後は祇園のおばんざいやさんへ。それは別記事でアップします。

d0059205_033494.jpg


おばんざいを食べた後、祇園界隈を散歩。石畳、昔ながらの町屋とやはりこのあたりの雰囲気がとても好きです。このように着物姿の女性や料理屋さんへ入っていく舞妓さんをたくさん見ました。
白黒のほうが情緒があるかなと思いますのであえて白黒で。夜の散歩の時は50mm F1.4の絞り開放と楽して撮っています。せっかくの明るいレンズなのですから絞りたくないですしね。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-05 00:33 | 日記