総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
伏見稲荷大社 ライトアップ
お正月2日目は三が日中はライトアップされるということなので伏見稲荷大社へ行ってきました。雪がだいぶ溶けてなくなったので頑張ればチャリでも行けなくないし、チャリから見える風景を楽しみたかったので寒さが厳しい中、頑張って行ってきました。

d0059205_21493316.jpg


着いたのは夕暮れ時でまだまだ人でごった返している中、まずは豊臣秀吉が母の病気平癒を祈願し、快癒したので寄進したと言われている桜門へと目指します。
いつものように空が濃くなるのをここで待ちます。しかし濃くなる頃には狐さんへの光が不足しますのでこれぐらいの空の濃さがいいかなと。

d0059205_21502348.jpg


そして奉納されたお酒満載の本殿でお参りをしてからこの千本鳥居へ。ここがスタート地点。約4kmとトンネルのようにどこまで続くスケールは圧巻でした。夜間に訪れたためかなんかどこかの異次元空間でも連れて行かれるような気分になりました。

d0059205_2151033.jpg


千本鳥居を抜けると奥社奉拝所が見えてきます。このすぐ後ろは鳥居が二股に分かれていて混雑する時は一方通行となり、この日もそうでした。お稲荷さんだけに絵馬も狐ですね。

d0059205_21535790.jpg


せっかく来たので頂上まで目指します。この夜景を撮ったあたりは四の辻でしょうか。このように鳥居の下には綺麗な夜景が広がります。日頃の運動不足と自転車でここまで来てだいぶ疲れてきましたが、やはり頂上まで行きたいので更に頑張りました。

d0059205_21542868.jpg


ようやく稲荷山の頂上が見えました。ここが一ノ峰(上之社神蹟)です。標高233mの割にはほんと疲れました。3年ぐらい前に羽黒山(標高414m)を登った時はちっとも疲れませんでしたので今度はこのぐらいの高さを楽に登れるぐらい体力をつけないと。帰り道は下るだけなので楽かと思ったら迷ってしまいちょっと焦りましたが無事下山。

時刻は20時過ぎと登って降りるまでに2時間ぐらいかかりました。すっかり参道のお店はどこも店しまいでいなり寿司、きつねうどん、鶉や雀の丸焼きなどなど食べたかったものが食べれず残念。また来ることがあるといいんですけどね。登っている間、帰りはもう食べれないよなと思っていたらその通りでなんでも夜の間中明かりは点いているようなので食べてから登ればよかったなと。
[PR]
by esthetisme | 2011-01-03 22:00 | 日記