総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
三宝寺  厄落としの大根焚き  お会式
お会式(えしき)は日蓮大聖人を偲び讃える報恩法要で、日蓮大聖人、日朗上人、日像上人の御真骨(日蓮宗宗宝)を御開帳し一年の罪汚れを落とす「厄落としの祈祷」が行われる法要です。

熱々の「大根焚き」は「中風封じ祈祷」をした大根と「嵯峨豆腐」で有名なアゲを焚いたもので美味しさの結晶。
日蓮大聖人はご信者の方より供養された大根を「大根は大仏堂の大釘の如し、あじわいは『とうり天』の甘露のごとし」と申されています。

香りの「ゆず御飯」は日蓮大聖人が冷えた身体を温める良薬として「ゆず」を珍重された故事によるもので、三宝寺のオリジナルです。

先週の土曜日は三宝寺のお会式へと行ってきました。ここまで家から約30分あまりとこの日もサイクリングを楽しみました。

d0059205_2352539.jpg


d0059205_23523365.jpg



着いてからはまずは昼ごはんがわりと大根焚きとゆずご飯を頂きます。この食事と本道での厄落としの祈祷でこれまで厄をすっかりと落としてもらったので効いたのでしょうか、引越しの時から止まらなかった咳がかなり小康状態となりありがたや。ほんとありがたや。

ご飯を食べて厄落としの祈祷が始まるまで境内を撮っていましたのでいくつかアップします。

d0059205_2353019.jpg


茶室「松宝庵」。春はしだれ桜とともに撮ることができます。この茶室は、千宗旦の四天王の一人の山田宗偏が若年の頃、当山塔頭で茶道の奥義を究め茶道宗偏流の流祖となった故事に由来し近年建てられたものです。山田宗偏は、忠臣蔵赤穂義士の大高源吾に吉良邸の茶会の日を教えたことで知られます。


d0059205_23551367.jpg


昭和4年「昭和天皇」御即位式の建造物を一棟下賜せられ、これを移築し本堂としていますが、その本堂としていますがどれくらぼかすか迷いました。やはり何が背景にあるのかわかる程度で。
ちなみにこのだるまさんにはおみくじが入っていました。おみくじを引いたあと本堂あたりのあちこちにたくさん置かれていました。

d0059205_23582038.jpg


この日は晴天に恵まれやはり青空は撮っていて気持ちがいいものです。

d0059205_002419.jpg


高さ約1.8mの釈迦仏坐像を安置する釈迦佛壱千体堂のあたり。この日は約50mmとなるレンズでほぼ8割ぐらい撮影。たまには超広角レンズに変えてダイナミックに。視界を越えたこのレンズならではの風景はほんと楽しすぎ。

d0059205_032834.jpg


三宝寺の後は北野天満宮へと向かいました。そこでまた紅葉狩りの前におやつです。有名なあんもしくは黄な粉をつけた粟餅。出来たてのお餅はとろけるように柔らかくてほんのりと粟の風味がします。

本文の一部はお寺のHPより転載。
[PR]
by esthetisme | 2010-12-09 00:07 | 郷土料理、和食