総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
9月23日の京都での夕ご飯
天ぷら、和菓子の次は大覚寺の観月会の前に早めの夕ご飯です。以前から食べログで気になっていたこのお店にようやく行けました。

手ごろな値段でどんな料理がでてくるかなと秋味のビール、そして桃の滴を飲みながら楽しみに待ちます。女将さんの接客がとても丁寧です。料理を運んでくれる度に料理の作り方などの説明だけでなく、お酌をしてくれます。

d0059205_21311531.jpg


この日は一気に秋らしい気候と半袖では涼しいよりも寒く感じられるほどぎゅっと涼しくなりました。それだけに最初がこの暖かい料理がくると嬉しいですな。

このお店の名物料理のひとつでお茶で18時間ぐらいですかね、それぐらい手間隙かけて煮込んであり、鯉特有の臭みなんてまるでしません。それにそれだけ煮込んでいますので骨がとろけるように柔らかくてほんと美味しい。

d0059205_21312838.jpg


そして女性がとても喜びそうな各種料理がちょこちょこっと盛りだくさん詰め込まれた籠もりがきます。ざっとわかる範囲で書きますね。

・出し巻き卵
・くみ上げ湯葉
・鱧の子流し
・無花果の胡麻和え
・梅のワイン煮
・海老の湯葉まき
・白ずいきの胡麻和え
・鱧の天ぷら
・自家製鶏肉のロース
・生麩を乾燥させ、油で揚げて作った紅葉と銀杏
・チーズと雲丹を混ぜ込んで固めたもの
・子鮎
・みょうがの甘酢漬け
・れんこん
・さつまいも


書き漏れがあるかもしれませんがこんな風にたくさんありました。この中で梅のワイン煮の出来上がるまでに一番手間暇をかけていて、その過程を聞いたところ梅に針で約200箇所ぐらい刺して、味が染み込ませやすくさせて、ほぼ一週間毎日、白ワインと砂糖などで煮込んで休ませてを繰り返し、煮込みが終わったら更に一週間かけてじっくりと味を落ち着かせるようです。

それから季節の一品として丸々と大きな加茂茄子の田楽がありました。

d0059205_21315020.jpg


ご飯はさっぱりと生姜ご飯です。お椀は澄まし汁で胡麻豆腐と紅葉麩が具材。籠もりの胡麻和えで胡麻の炒った香ばしさがたまらなかったので胡麻豆腐を食べれたらと思ったらこうして食べることができて嬉しかった。

こんな料理をいただく部屋は個室です。とはいえテーブルがふたつありましたので完全な個室ではありませんが、昼ならともかく夜なら1組で使えそうです。

d0059205_2132965.jpg


個室の掛け軸のあたりを。見た目そのままに雰囲気が伝わるように撮れたかなと思います。

d0059205_21323078.jpg


またライトアップはしていませんが日が完全に落ちる前になんとか庭の写真が撮れました。

値段からは期待以上に料理が美味しいし、女将さんの接客もいいし、お店の雰囲気もよくて来月は松茸ご飯ですと言われるとほんと再訪したくなりました。

再訪は予定通りできましたのでまた後でアップしたいと思います。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-23 21:32 | 郷土料理、和食