総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大阪で味わう讃岐饂飩  その2と全国の地酒が揃う圧巻の居酒屋さんでひやおろし
昨日は金曜日ということで久々に職場の同僚と飲みに行きました。本当はね、飲んだ後に食べたいのですが饂飩屋さんは閉まるのが早いので饂飩屋さんから。

d0059205_05453100.jpg


これでようやく大阪の饂飩屋さんは2件目。鳥天生醤油饂飩を頼みました。注文から約10分ほどかかるのですが周りのお客さんのどんぶりの大きさを見てこれはボリュームあるなと思いつつ待ちました。実際きてみると
だいたい普通のお店の約1.5人前ですかね、それぐらいで食べ応えは十分。量だけでなく饂飩が美味しくて味でも満足できましたし、値段も安いので量、味、値段と3拍子が揃った優秀な饂飩ですね。

ところでα55のようやくデビューです。発売日から待ちましたよ。どうしてもソニスタで買いたかったので。ライブビューでささっと撮れるかと思いきやまだ慣れず時間がかかってしまい早くご飯が食べたいのでもっと早く撮れるようになりたいですね。

これで空腹で飲むよりいいねという状態になりましたので飲む気が会社出る前よりも俄然増してきました。近くの全国の地酒がずらりと勢ぞろいする酒屋さんへと向かいました

やはりこの日は金曜日ということで満席でしたが立ち飲みなので空くのは早いだろうとお店の概観を撮っていたらカウンターが空きましたのでまずはそこで。ちょっと飲み始めたら日本酒の冷蔵庫の近くが空きましたのでそちらへ移動。

d0059205_0551596.jpg


日本酒のメニューはというとこのようにたくさんの短冊に書かれていて選ぶのにほんと迷いますね。でも秋田のお酒が好きなだけに秋田のお酒で攻めます。今の時期はひやおろしですね。

d0059205_0553195.jpg


秋田のひやおろし2種類。純米大吟醸と純米。純米大吟醸はラベルをもらいました。ありがとさん。

d0059205_814035.jpg


秋田のひやおろしもう1種類。こちらは山廃。肴はいぶりがっこ。濃い酒に濃い肴はぴたりとあいますし、秋田の酒には秋田の肴をあわせないとね。一緒に飲んだどの方にも好評だったようで嬉しかったです。

そのほかに千代寿 大虎 ひやおろし大辛口とお店の人のおすすめの春鹿 立春からの贈り物をほんの少し飲みました。

d0059205_0562212.jpg


肴はおでんも頼みましたよ。これから寒くなるにつれてどんどんと美味しくなりますな。後ろのボケボケになっているのはコンビーフ。

今回も4人で飲んで、食べて諭吉さんを軽く下回り、ほんと良心的な値段はありがたいし、日本酒好きには天国なお店ですね。
[PR]
by esthetisme | 2010-10-02 00:59 | 日記