総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大覚寺 中秋の名月 観月の夕べ
22日の慈光院の観月会に続いて23日は大覚寺の観月会に行きました。この前に天ぷら、和菓子、ミニ会席を食べていますがそれはまた後で。とりあえず一緒に行った友人も写真をアップしていてそれに刺激されましたので僕もアップします。

今回の日記の文章は以下の大覚寺さんのHP引用させていただいてる部分もあります。まずは断りを入れておきますね。
http://www.daikakuji.or.jp/event/fall.html

冒頭に書いたように昼も夜もそしておやつといろいろと食べましたが、どれも心満ち足りる内容でした。特に夜のミニ会席はおもてなしの心が本当に素晴らしかったです。深く感銘を受けました。そんなご飯の後に大覚寺へと向かいましたので、とにかく気持ちがよくて、ほんとよくて。幸せな一杯な気持ちでお月様を愛でれたことにほんと感謝します。嵐山でご飯を食べるならそのお店で決まりです。早くアップしたいですね。

d0059205_1959358.jpg


まずは月夜の光を浴びる牛車から。この日は午前中の雨がとても激しくて出かけるのが困難なほどだったので予定は全て白紙かと思いきや午後前から雨が止んでくれて本当に助かりました。この日の雨からようやく秋らしい気温になりましたね。半そでを着ている人がほんと少なく、長袖へと衣替えした人々が通り過ぎていくのを見ては待ちわびた秋の到来を感じました。
それにしてもこうしてお月様を眺めていると平安時代へとタイムスリップした気分になりますね。

d0059205_19595840.jpg


人工池に浮かべた船が流れていきます。平安の王朝絵巻差ながらの優雅な光景です。気分はその時代の貴族か文化人。

d0059205_2001484.jpg


この船の中で次の写真にある和菓子と抹茶を頂きました。やはり船の中は暗がりで撮るのが大変ですが手ぶれ補正と明るいレンズが助けてくれます。

d0059205_2003093.jpg


船の中から見上げるとこのようにお月様が。のんびりと月を眺めながら和菓子とお茶を頂きたいのですが、人工池の周りの風景を船から眺めているので写真も撮りたいという気持ちと拮抗し、結局はやはり写真を撮りたいの気持ちが勝ってしまった。
余裕があるのなら2回乗りたかったな。1回目はお茶と和菓子をのんびりと飲みながら撮影ポイントおよび構図を確認するため、2回目は1回目の予習を生かし撮影に徹するみたいな感じで。

d0059205_2004486.jpg


近くではこのように琴の演奏を行っているのですが残念なことに船の最終便まで奏でてくれません。これだけが今回の残念なポイント。でも演奏されている方もずっとは大変でしょうけどね。
ところでプライバシー保護のため画像はわかりにくいように加工してあります。

d0059205_201799.jpg


船の上から眺める心経宝塔。ここでも手ぶれ補正に助けられ手持ちでシャッターが切れました。DROを使うためISO感度は基本的に400よりは上に上げません。
夜景の時は手ぶれ補正のあるカメラに買い換えてほんとよかったと心底思います。これでISO感度が強くなればこれまで撮れなかった領域に行けるのですが、まもなく入手できるカメラはだいぶISO感度が強くなりましたのでとても期待しています。夜景を早く撮りたくて待ちきれないですね。

d0059205_2012466.jpg


船のアップ。船は龍頭舟か鷁首舟の2種類が運行していて約20名ぐらい乗れます。こちらは龍頭舟。奥にあるぼけているのは満月法会で使われた祭壇。

満月法会について公式HPより引用
月を望む場所に祭壇を設け、お団子や、芋、豆などの野菜、お茶、お花を供え一山の僧侶が出仕して「月天」を招じ、農作物の豊作と人々の幸せを祈願します。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-26 20:01 | 日記