総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
京都の割烹の食べ歩き始め
この日もまだまだ暑かった京都ですが、午後になる頃から土砂降りとなり、晴れたと思いきやまた雨と忙しい空模様でした。

こんな状況で秋の食べ物を食べてもどうもしっくりとこない。早く秋らしい涼しさを感じれるといいのですが。ところでこの日は重陽にちなんだ和菓子を3つ食べてその後はこの割烹です。

京都の割烹の食べ歩き始めは、お手ごろな価格で楽しめるほんと気軽なお店にしました。夜でもランチ価格ですので女性が多いのも納得できます。

d0059205_11463377.jpg


この値段でどんな料理が楽しみと思いながらまずは日本酒を頼もうと思ったら冷蔵庫から10種類近く出てきて迷いましたが、やっぱり京都の地酒にしようということで英勲の純米吟醸とさっぱりなものからにしました。そうしたら竹の酒器をワインクーラーに入れてくれて嬉しいサービス。氷がとけるとすぐに新しいワインクーラーに入れてくれ至れり尽くせり。おかげ様で最後まで日本酒が美味しく頂けましたし、竹の香りが移りなんとも雅です。

英勲の次はご主人おすすめの大信州の純米吟醸を飲んで、その次は銘柄を失念しましたがまた京都の酒に戻り、山廃純米を頼みました。山廃ってやっぱり人気がないのかな。これだけ開いていませんでした。僕は山廃純米は大好きです。絶対、切らしません。菊姫のそれなんて濃厚な味わいで酸味が利いていてずしりとした飲み応えがあり、これぞ男酒という貫禄があります。

d0059205_12634100.jpg


料理は秋刀魚の甘酢あんかけがまた秋刀魚を違う食べ方で食べれて嬉しかった。曲線美を描くように串が通された秋刀魚をじっくりと焼いて、野菜をこんもりのせて、こんがり網焼きしたししとうを添えて上からあんをかけてあります。盛り付けがご主人ではなく見習い中の方がしていたのでこんな感じです。
家庭で作りそうな料理ですがやはり仕上がりは割烹らしい、プロの技を感じるものですね。混合出汁の濃厚な香りの強い出汁と酢のまろやかな甘み。あんが旨くてつい飲み干してしまいました。
いつも料理は縦構図のワンパターンなのでたまには横で。


さて京都の割烹は次は10月かな。9月後半は精進料理とかお手軽なランチのお店にいくので。行くとしてもカメラを新しいのを買った都合もあり、ランチで何件か回ることにしようと思います。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-19 11:50 | 郷土料理、和食