総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ガーデンミュージアム比叡 ジャルダン・デ・ルミエール ―光の庭園―
昨日はお得なナイターチケットを利用してガーデンミュージアム比叡のジャルダン・デ・ルミエール ―光の庭園―に行ってきました。このチケット、通常の半額で済むのでほんとありがたかった。延暦寺には行かなかったのでまた今度ですね。

さてミュージアムにはケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで行くのですがケーブルカーを降りた頃からふもとは温度差が5度もあり、涼しかったのですが夜になるとミュージアムのあるあたりはちょっと蒸してきました。

ケーブルカーを降りるとガーデンミュージアムはすぐそこ。入園すれば琵琶湖を望む景色と印象派の画家たちの銅版画に咲き誇る数々の美しい花たちが迎えてくれて天空の楽園のよう。

花とくればマクロレンズの出番ですが、ソニーの良心と言うべきお手軽レンズでも十分寄れるし、ぼかせるのでそのレンズで撮ることが多かったです。撮るときは前ボケ、後ろボケのどちらかで被写体を生かすか、それとも両方で被写体を生かすかの3パターンになってしまいますがそれでもいろんな花がたくさんあったので楽しめました。

d0059205_14492058.jpg


蛾ではなく蝶が飛んでいたら嬉しかったのですけどとりあえず虫が止まったのですかさずパチリ。

d0059205_14522665.jpg


一応、前ボケと後ろボケの両方のイメージのつもり。それにしてもこの花の名前は?

d0059205_14534618.jpg


これはウコンサンゴ。すぐ近くにプレートがあったのでわかりました。後ろにも同じくウコンサンゴがあるのでぼかしました。

d0059205_1455768.jpg


印象派モネの好んだ光景が再現されていました。PLフィルターで水面の反射をより鮮やかに。

d0059205_14562324.jpg


夜の帳が降りてきてさぁ空の色が濃くなってきましたよ。でもなぜか均一ではないのが気になりますが。

d0059205_14571524.jpg


絵のような写真が撮りたくて撮ってみた一枚。けっこう意図どおりにいったかなと思っています。

d0059205_1458468.jpg


せっかくライトアップされているのだから点光源のぼかしを。綺麗な円ボケです。

d0059205_14595532.jpg


最後は琵琶湖を望む夜景を。もう少し切り取ってもよかったかなと。手持ちではこのぐらいが限界です。三脚を持ってくるはずでしたがつい忘れました。なにせ手ぶれと明るいレンズがあるのでバルブ撮影以外、あまり必要性を感じなくて。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-23 15:00 | 日記