総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
茶事 朝茶
d0059205_23392297.jpg


朝茶といっても午前6時からではなく、この前の3月の茶事と同じ時間からスタート。さすがに午前6時からは近くに泊まるでもしないと集まるのが難しいでしょうからね。気分としては朝の清々しく、まだ暑さも厳しくなく爽やかといった感じを思い込みました。
3月の時の違いと言えばいくらでもあり、進むにつれてわかっていくのですがメモを取れないため覚えきれないですね。
印象的なところを挙げていくと釜にはどぼどぼと水の音をご馳走とするためにたっぷりと水を入れる、朝茶なので朝ご飯だけに1汁2菜が一般的、向付には朝は新鮮な魚が入手できなかったことから生ものは使わない、香の物が主体の食事だけに先に香の物がでてくると、焼き物、八寸は省略いったところでしょうか。

今日は鱧はででくるでしょうと思ったら予想通り牡丹鱧がでてきました。じゅんさいと一緒で葛を打ってあり、まるで白い牡丹が咲いているようなで綺麗。丁寧な骨ぎり、たっぷりと身があり、満足。

1汁2菜だけに簡素な食事と終わりかと思いきや、なんと焼き物と八寸もあり、飲兵衛にはたまりません。お稽古だとわかりつつも酒がもっと飲めると思うと嬉しく、ほんと嬉しくて。
焼き物は京都の夏野菜を使ったもの、八寸は鱧と並んで夏魚の代表である香魚の一夜干し。八寸で次客だっただけに亭主にお酌をして、お酌はしたけど山の物を懐紙にとらなければならないのに忘れてしまいまして予習していっただけに残念。

先生のお話の中で亭主と客が互いに思いやりの心を持って、主客一体の座をめざす、それは一座建立と言い、茶道のおもてなしの根底にあるものというくだりがとても勉強になりました。

茶事は年に2回だけこれで今年は終わりです。まだまだ初心者ながら積極的に参加してみてよかったです。日々のお稽古はこの茶事のためにあるものだというのがわかりますし、日々のお稽古以外のことも学べますし非常に有意義なイベントでした。

ところでトップの写真は茶事もお稽古も写真が撮れないため、何も写真がないと寂しいので下手ながら自分で点てた薄茶と朝顔、青楓、水という名前の干菓子を載せました。
[PR]
by esthetisme | 2010-07-19 23:40 | 日記