総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
とことん青森2010
先週の土曜日は原宿から表参道あたりで開催している「とことん青森2010」という青森の魅力をPRするイベントを見に行きました。
このイベントで1番楽しみにしていたのはお祭り好きの自分としてはねぶた。ねぶたは2年前に青森に見に行きましたが好きなので何度でも見たいですね。

d0059205_1515814.jpg


ねぶたの周りには金魚ねぶたで埋め尽くされています。青森のねぶたを代表して持ってきたこのねぶたは北村 蓮明さん作の「楠木正行四条畷の合戦」。
合戦の詳しい説明はhttp://kitamurarenmei.com/bankin09.htmlといった北村さんのサイトのあたりで。

d0059205_15154244.jpg


ねぶたには欠かせない跳人。何とか撮ることができました。ま今日は暖かいほうですがやはりこの格好は寒そうに見えます。祭りが始まればま体が温かくなるでしょうけど。
後で気がついたのですが、跳人って鈴もたくさんつけるはず。この人たちだけでなくて他の跳人もつけていませんでしたね。
でもつけると路上に散乱してパレードが終わった後に片づけが必要になってくるから今回はつけていなかったのかな?と思いましたが。

d0059205_8354721.jpg


こんな感じで屋台が並んでいました。久々の超広角で。絞りすぎですかも。
でこの食べたい屋台ごとに並ぶのは食べたいのが一度に頼めないし、並んでいるともう売り切れている屋台もあるし、ようやくの思いで買ったら座るところはないしでどうにかなりませんかね。お客さんが座ったら注文をとりにきて、食べたいものをまとめて持ってきてくれるといいのに。飲み物を別で買わないといけないのもまた面倒。それは去年のマルシェ・ド・ノエルでも思いましたが。

d0059205_15372342.jpg


この日、食べたものから1枚。このしょうがのおでんのほかに、ほっき丼、バラ焼き、せんべい汁を食べてもう並ぶのが疲れたのでおしまいにしました。
それにしても明るすぎる場所で撮るのは撮った後に見ても露出が適正かどうかわかりづらくて撮りづらいですね。

d0059205_8375791.jpg


並んでいる人の数が多すぎて諦めた黒石のつゆ焼きそば。並んでいる人が多いだけに売り切れは早いかもと思ったらそのとおりでした。

この日は予定時刻の17時を少し前倒しして冬ねぶたの開始となりました。たくさんの人垣でほんと写真が撮れない。少しは背があるほうなのですがそれでも無理。報道の方たちは歩道橋に登れて羨ましいなぁと。

d0059205_8415756.jpg


青森と違ってこんな歩道橋の下を通るなんてまずないのでは。なんとかすれすれで通ることができてあちこちから拍手が。

d0059205_8424128.jpg


さすがにこの大通りの交差点は通行止めするのが難しいようで、また跳人もたくさん跳ねて疲れたのか普通に歩いて通り過ぎていきました。周りからは跳ねろ!!なんて声が多く飛んでいましたが。

d0059205_843206.jpg


1番近くまで寄れてこれぐらいですね。人が多すぎて正面から撮るのができなくてどうしても横からとなってしまいました。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-23 15:38 | 日記