総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルを東京でも開催!!
まだまだ去年の11月、12月の記事があるので更新しますね。

今年から東京でもストラスブールのマルシェ・ド・ノエルが東京で開催されることとなり、2年前にストラスブールに行ったことがあり、またそもそもフランスのイベント、お祭りは大好きなのでこうして開催されてほんと嬉しかったです。

規模はやはり小さめですが、それでも2年前の旅行を思い出して懐かしむには十分の雰囲気がありました。懐かしんでいるとまたフランスに行きたくなりますね。今年こそはいつものようにジビエの季節に行くことを狙っています。行くとしたら雷鳥が食べれる11月頃まであたりでしょうか。雷鳥はフランスで食べたことがないので是非食べたいし、また11月になれば野兎もあるのでちょうどいいです。1月に行くのを止めたの理由の1番は野兎だけで行くのはもったいないと思ったから。11月に行けばイタリアの白トリュフフェアにも行けますしね。またフランス、イタリアだけでなく、イギリスにも行きたい。
11月にとことん贅沢できるように今から貯金に励みます。

d0059205_23545033.jpg


とりわけ写真を撮る人が多かったですね。ここから東京ではなくストラスブールへとプチトリップです。

d0059205_1254426.jpg


クリスマスやアルザスの名産品を売る屋台はこんな感じで軒を連ねます。

d0059205_12552172.jpg


またも上からの見下ろした写真です。ストラスブールのクリスマス市でもこんな移動式のメリーゴーランド
があったし、そもそもヨーロッパでは移動式の遊園地なりメリーゴーランドが珍しくないのでやっぱりないとね。

d0059205_12561256.jpg


さてこの日のお昼はこうしてアルザスからわざわざお手前の窯を持って職人がやってきていまして、彼が
焼き上げるアルザス名物のタルト・フランベを食べることに。

d0059205_12565221.jpg


本当はクリスマス・ビールを飲みたかったのに売り切れなのでアルザスの白ワインと食べました。

d0059205_12575945.jpg


それからクグロフも。中に干しベーコンが入っています。食べたく並ぶこと1時間あまり。

d0059205_12585717.jpg


こちらは有名な職人 ジャッキー・シグラー氏が作るシャルキュトリーの屋台。こちらも行列が絶えなく1時間は並んだでしょうか。

d0059205_12593027.jpg


屋台の並んでいた商品から。こんなボールをストラスブールで見かけなかったような気がするのですが、こういう飾りもあるのですね。

d0059205_1312715.jpg


アルザスから来たというサンタさん。アルザスのシンボルであるコウノトリを抱いています。一緒に写真を撮っているのはフランス人の子供。彼がサンタさんと並んだら周りにいた人たちがいっせいに撮るので僕もつい。
この子、ほんと可愛くて、「あなたたち、もうずっとそこにいて」などラブコールを受けていました。

d0059205_132667.jpg


クリスマスコンサート。パイプオルガンが奏でるクリスマスソングでで目だけでなく耳にもクリスマス気分になります。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-02 23:36 | 日記