総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
浦和のお寿司屋さん 12月訪問 これで今年2回目
d0059205_1712020.jpg


今年2回目の埼玉の寿司屋さんです。やっぱりこの値段でこれだけの量、質の肴と寿司が食べれるのはほんと良心的。この値段なら毎月通うのも楽なので来年からは毎月行きたいですね。寿司って高いお店はほんと高いのですが僕にはどれだけ美味しくても1万円ぐらいが限度度です。それ以上高いのなら懐石料理や割烹に限りある同じお金を使いたい。来年1月の予約をしましたので今からほんと楽しみですし、同席頂ける皆さんにも自信をもってお勧めできるかなと一安心しました。

さてざっと今日の内容を。
まずはおつまみから。産地を言っていない物もありますがこのお店は天然物に拘っているようなのであえて聞いていません。
以前と同じと言うか定番が多い中、鮟肝は食べたかったので脂の乗りが今一歩ながらまったりと濃厚な味わいが美味しかったですね。

d0059205_17111282.jpg


・淡路島の青なまこ
・明石の蛸
・あわび
・東京湾のしゃこのつけ焼き
・玉子焼き
・ふぐの白子

珍味
・鮠の甘露煮
・鮟肝
・蟹味噌
・絹ごし豆腐

・大間のめじまぐろ、ながいも
・ふぐの煮凝り

d0059205_17132691.jpg


続いてお寿司。この中で最も印象的な味わいなのが大間の鮪。この2貫を銀座で食べるとこのお昼のコースの値段になるそうで、ありがたく頂きましたがほんととろける味わいがたまらなく、最高の〆。

寿司
・平目
・すみいか 東京湾
・天草の海老
・氷見の鰤
・鹿児島の鯵
・鯖と桜島大根 手に乗せて
・白魚 手に乗せて
・東京湾の青柳
・うにといくらの子丼
・大間の鮪

追加で
・九州のサヨリ
・鯛
・千葉の穴子

この中でふんわりととろける柔らかな身の穴子が特に秀逸。旬は10月らしく、今でこんなにも美味しいのでほんと旬に食べてみたい。

お酒
・黒龍の純米吟醸
・銘柄失念 純米吟醸

美味しいものを食べるってほんと幸せと改めて思う今年最後の午餐でした。さて次はお隣の方に教えてもらった浦和の蕎麦屋さんにせっかく浦和に来たので行ってみましょうっと。
その前に甘いものが食べたいのでこれまた浦和のケーキ屋さんを目指します。今年の大晦日は浦和でグルメ三昧の一日です。
[PR]
by esthetisme | 2009-12-31 17:07 | 郷土料理、和食