総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ウォーター・ハウス 2008年~2010年 展覧会
d0059205_12443114.jpg


今月行く予定のカナダで開催されているウォーター・ハウスの展覧会についてオランダとイギリスで同じ展覧会を見た人の情報から出展リストを作ってみました。
あわせてどこに作品があるかと日本で展示されたことはあるかを家にある20冊以上のラファエル前派に関する展覧会の図録からざっと調べてみました。

こうして調べてみると今回の展覧会は美術館にある作品と個人蔵の作品をあわせるとイギリス、ドイツ、アイルランド、台湾、オーストラリア、アメリカ、カナダといったように世界中から集められているようで、こうしてひとつの美術館で代表作が一気にまとめて見れるなんて正に夢のようですし、改めてこんなにも作品が散らばっているのかというのに気がつきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イギリス

○ロンドン・テイト・ギャラリー
・聖エウラリア(St. Eulalia)
→2003年 ヴィクトリアン・ヌード展
・魔法の円(The Magic Circle)
・シャロットの女(The Lady of Shallot)
・神託伺い(Consulting the Oracle)

○ロンドン・ロイヤル・アカデミー
・人魚(A Mermaid )
→1983年 青木 繁と明治浪漫主義とイギリス展
→1989年 ヴィクトリア朝の絵画展

○オウルダム美術館
・オデュッセウスに杯を差し出すキルケ(Circe Offering the Cup to Ulysses )
→1987年 バーン=ジョーンズと後期ラファエル前派展

○マンチェスター市立美術館
・ヒュラスとニンフたち(Hylas and the Nymphs)
→1993年 珠玉の英国絵画展
→2000年 ラファエル前派展

○ポート・サンライト レディ・リーヴァー美術館
・デカメロン

○アバディーン美術館
・ペネロペと求婚者たち(Penelope and the Suitors )
→1985年 ラファエル前派とその時代展

○リヴァプール ウォーカー美術館
・エコーとナルキッソス(Echo and Narcissus)

○プリマス市立美術館
・ハマドリュアデス(A Hamadryad)

○リーズ市立美術館
・シャロットの女(The Lady of Shallot)
→1989年 ヴィクトリア朝の絵画展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドイツ
○ダルムシュタット ヘッセン州立美術館
・つれなき美女(La Belle Dame Sans Merci)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オーストラリア

○メルボルン国立美術館
・オデュッセウスとセイレーン(Ulysses and the Sirens )

○アデレイド・サウス・オーストラリア美術館
・嫉妬に燃えるキルケ(Circe Invidiosa)
→1985年 ラファエル前派とその時代展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カナダ
○トロント オンタリオ美術館
・影の世界にはもううんざり、とシャロットの女は言う(I am half sick of shadows)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○個人蔵
・マリアムネ(Mariamne)
→1985年 ラファエル前派とその時代展

・聖カエキリア(St. Cecilia )

・ダナイスたち(Danaides)
→1987年 バーン=ジョーンズと後期ラファエル前派展
→1998年 英国ロマン派展

・ミランダ(Miranda )
・トリスタンとイゾルデ(Tristan und Isolde)
・アリアドネ(Ariadne )
・ウィンドフラワーズ(Windflowers)
・オルフェウスの首を見つけたニンフたち(Nymphs Finding the Head of Orpheus)

○場所不明
・ラミア(Lamia)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by esthetisme | 2009-11-08 12:44 | ラファエル前派