総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ウォーター・ハウス つれなき美女
d0059205_13143281.jpg


ウォーター・ハウス つれなき美女

「つれなき美女」とは、19世紀英国の詩人キーツのバラッドです。ウォーター・ハウスはそのバラッドに着想を得て本絵画を制作しましたが、彼の数多くある名画の中でも最も素晴らしく、それでいて最も強くラファエル前派らしい影響が見受けられる作品となったため、キーツのバラッドは非常にロマンティックで美しい絵画のインスピレーションとなりました。

このバラッドに登場する女性は、キルケ、セイレーンと同じように宿命の女の象徴であり、宿命の女は19世紀後半のラファエル前派や象徴主義の画家の絵画によく登場する題材のひとつです。
ウォータ・ハウスの描くキルケやセイレーンは罪悪ではなく、象徴主義の画家のような破壊的な怪物ではありません。
むしろ彼等はまるで犠牲者がしていることを助けることができず、それを後悔しているかのように、物欲しそうな美と神秘的な悲しさで彼らを誘い、罠にかけています。このことは1891年の「ユリーシーズにカップを差し出すキルケ」、1892年の「恨まれたキルケ」、特に1893年の本絵画にはっきりと表れています。

本絵画ではつきまとう神秘と美に満ちた風景の場面に武装している騎士を運命的な抱擁を優しく引き込む典型的なウォーター・ハウスの魔女がいます。その少女はウォーター・ハウスのスタイルの目立つ特質である長い髪と顔に物欲しげな表情をしています。その絵は上品で、つきまとう好色さを増幅させ、暗く生い茂った森に設定されています。その騎士の姿はウォーター・ハウス自身であり、徐々に彼自身の婦人観にとりつかれていきます。1890年以降のウォーター・ハウスの作品は婦人が題材となっていて、男性達は犠牲者としてだけ現れます。

「つれなき美女」の詩については、フランク・カドガン・カウパーの絵画と共にアップしていますので興味があるかたはこちらをクリックしてご覧下さい。

参考文献

「ラファエル前派」 ロイヤル・ギャラリー アート・ウェーブ
[PR]
by esthetisme | 2009-10-25 13:09 | ラファエル前派