総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
埼玉の鰻屋さん 料理編
d0059205_12522.jpg


さて楽しみにしていた鰻のコースの幕開けはこちら。
鰻、海老、茄子のジュレ寄せで最初の料理にぴったりなさっぱりとした美味しさでした。

d0059205_135995.jpg


日本酒はおすすめの神亀がないというのでまだあるおすすめの会津娘を。この日はこのお店に限らず夕食の蕎麦の時も飲みたい日本酒がなくてたまたまですかね。
それにしてもこのきりこのデザインは綺麗ですね。撮りたいイメージで撮れて嬉しい。背景のボケとピントの合ったところはきりりとしていていい感じ。

d0059205_144592.jpg


続いては創作性が光りながらも味もしっかりとしたちゃんと両立できてい料理が一同に会します。
左が鰻のクレープ巻き、真ん中のドライトマトが乗っているのはとろりとチーズが鰻にかかっています、
右がうなぎの生ハム。

d0059205_155146.jpg


そして待ちにまったうな刺し。鯛刺しのような見た目ですが、こりこりしてえんがわみたいな味わい。
以前にテレビでこの作り方のさわりの部分を放送してからあちこちで真似るお店が出てきたようですが、やはりさわりの部分だけに同じような味わいにはなっていないそうで、この味わいはオンリーワンですね。

d0059205_162559.jpg


塩とゴマ油、醤油、ポン酢でそれぞれ味わいを変えながら食べますが、やはり一番美味しいのはお店おすすめの塩とゴマ油。味わいがこってりになります。これはうつぼの時もそう思いましたね。

d0059205_171816.jpg


こちらも特に楽しみにしていた鰻の西京焼きでフォワグラを巻いてあります。鰻とフォワグラのそれぞれの脂で味わいがほんと濃厚となりますが、しつこさがないのでいくらでも食べたくなります。外側のかりっと香ばしい焼き目もまた美味。

d0059205_174933.jpg


続いては肝天。あげるととろりとした旨味が際立ち、後味にほろりとした苦味がまたいい感じ。これは日本酒よりビールがもっとあいそう。


d0059205_183523.jpg


ご飯ものはうな丼。ふんわりと柔らかで、タレはさっぱりとしていて甘すぎないちょどういい塩梅でした。

d0059205_185782.jpg


しめのデザートは香り高いほうじ茶のアイスクリーム。
[PR]
by esthetisme | 2009-09-23 01:08 | 郷土料理、和食